時々更新

日々雑感

転載: 石原と橋下の接点は?大川隆法と三橋貴明は?

2017-06-09 21:39:07 | 情報拡散希望

転載: richardkoshimizu’s blog

石原と橋下の接点は?大川隆法と三橋貴明は?      作成日時 : 2014/06/04 09:28

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201406/article_34.html

http://rkblog.html.xdomain.jp/201406/article_34.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」




石原と橋下の接点は?大川隆法と三橋貴明は?

どれもこれも極右風味の連中ですが、日本の極右は実は「左翼過激派」の偽装であると私RKは看ています。日本には「北朝鮮シンパ」と「部落解放同盟」という二つの左翼過激派勢力があります。前者は在日主体ですが、後者は部落出身者です。在日と部落の一部のグループが同一思想で共闘している。

どの人物も中国を口汚く罵る傾向があるようです。日中関係を悪化させ戦争に持ち込むことが、ユダヤ思想である「世界革命」の実現の端緒となる。彼らは、NYのネオコンの代理人ということです。NWO実現のために日々、間抜けな芝居を演じているわけです。(世界革命とは、共産主義を標榜して、その実、ユダヤ寡頭支配を実現する為の道具です。金融ユダヤ人の世界支配の手口に過ぎません。)一人忘れていました。中国に対して批判的な言動の多い人がいます。前原さんといいます。部落解放同盟の青年部長であったと聞いています。

金融ユダヤ人は、北米でも欧州でもユダヤ人とは一見わからない隠れユダヤ人を政治の表舞台で起用しています。ユダヤ人のいない日本では、在日と部落がその役割を与えられている。

在日と部落といえば、創価学会の根幹でもあります。そして、幸福の科学はじつは「部落」の集団であると解します。創価を不正選挙に使えなくなったユダヤ裏社会は、仕方なく、幸福の科学を後釜に据えるのでしょうか?今度の選挙では幸福の科学の候補者が複数当選する予定になっているのでしょうか?

これは部落差別云々の話ではありません。反日的な極左グループが日本を蝕んでいるという事実に対して警鐘を鳴らしているのです。(ただし4人が全て部落出身者であると確証はありません。傍証なら多々ありますが。)

高知市最大の部落地区が、長浜です。ここの出身者に石原潔なる人がいました。石原慎太郎の父親です。

大阪市長の橋本さんですが「橋下市長は、過去の選挙などでは、自分は部落出身で弱者の気持ちがわかるという面もアピールしていたともいわれています。」だそうです。
.
「橋下徹は部落の鬼っ子」 部落解放同盟委員長に聞く
「週刊朝日」ハシシタ騒動はまだ終わっていない!
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=zfHlmugHCkAJ&p=%E6%A9%8B%E4%B8%8B+%E9%83%A8%E8%90%BD&u=biz-journal.jp%2F2012%2F12%2Fpost_1242.html

幸福の科学の大川隆法は、徳島県川島町(現在の吉野川市)の出身だそうですが、同和地区のある町ですね。

川島町部落差別撤廃・人権擁護に関する条例
http://blhrri.org/kenkyu/data/jourei/tokushima/jourei-tokushima-23.htm


幸福の科学専属の経済ジャーナリスト、三橋貴也さんですが、熊本県山鹿市の生まれですね。同和地区のある町ですね。

以下、RKの過去文書です。

BLACK RELATIONS
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201306/article_117.html

猪瀬氏事務所などを特捜部捜索 立件可否、慎重に判断
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201403/article_172.html






--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------


 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転載: 背乗り学大全! | トップ | 転載: トングチャングの画... »
最近の画像もっと見る

情報拡散希望」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。