時々更新

日々雑感

転載: 世界中の大手メディアに取り上げられた「産経熊坂社長の謝罪事件」ですが、

2017-07-29 20:36:10 | 情報拡散希望

転載: richardkoshimizu’s blog   

世界中の大手メディアに取り上げられた「産経熊坂社長の謝罪事件」ですが、                            作成日時 : 2014/12/12 06:46

http://rkblog3.html.xdomain.jp/201412/article_74.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」










世界中の大手メディアに取り上げられた「産経熊坂社長の謝罪事件」ですが、具体的にRK主張の「一部」が記事に記載されていますね。(ユダ金にとくにまずい部分は言及されていませんが。)

WSJ、The Telegraph、JTA(イスラエル)、South China Morning Post、ジャパンタイムス….「反ユダヤのキチガイジャーナリスト」といった扱いの記事ばかりのようですが、読む人が読めば「やっぱりそうだったのか!」となります。

世界を駆け巡るニュース。だが、日本のメディアは統制されて一切の後追い報道をしない。これから、まだ展開があると思います。裏社会のさらなるオウンゴールにおおいに期待しています。

http://www.search.ask.com/web?l=dis&q=advertisements+are+authored+by+Richard+Koshimizu%2C&o=APN10645A&apn_dtid= ^BND406^YY^JP&shad=s_0046&gct=hp&apn_ptnrs=^AG6&d=406-514&lang=ja&atb=sysid%3D406%3Aappid%3D514%3Auid%3D3050c433fa4c59a9%3Auc2%3D116%3Atypekbn%3Da13653%3Asrc%3Dhmp%3Ao%3DAPN10645A&p2=^AG6^BND406^YY^JP

Koshimizu also blames the Jews for the 9/11 terror attack on the World Trade Center, claims the Holocaust was a myth designed to establish the State of Israel and says that Japanese Prime Minister Shinzo Abe’s government elected in 2012 was part of a Jewish plan for global domination.

The little-known Koshimizu used the space to advertise a book claiming the US is a "Jewish dictatorship state" that detonated an atomic bomb deep under the sea to trigger the earthquake and subsequent tsunami.

It was intended to destroy the Japanese economy and defend the dollar, he claimed.

Read more:
http://www.jta.org/2014/12/07/news-opinion/world/japanese-newspaper-apologizes-for-ad-featuring-anti-semitic-author#ixzz3Lcx34jwy  



 

 

--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転載: 候補者の立てられて... | トップ | 転載: 世の裏側はかぐわしい  »
最近の画像もっと見る

情報拡散希望」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。