時々更新

日々雑感

転載: 詐欺師は疑惑を追及されると、声を荒げて怒って見せます。

2017-05-17 21:05:50 | 情報拡散希望

転載: richardkoshimizu’s blog  

詐欺師は疑惑を追及されると、声を荒げて怒って見せます。                     作成日時 : 2014/11/05 04:58

http://rkblog3.html.xdomain.jp/201411/article_20.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」

 



詐欺師は疑惑を追及されると、声を荒げて怒って見せます。

これが疑惑を否定する常套手段です。

安倍偽総理は「怒って見せろ」と黒幕から指示されているのでしょう。

このつまらない男が日本の首相とは。


2014/11/4 17:57

安部、在特会との関係を追及される(国会)後半はもっと声を荒げ審議が中断される事態となった。 その部分はアップロードされてないですw

安倍総理『極めて失礼だ‼何の証拠で在特会と親しいと言ってるんだ!?』社民党を一蹴‼ 平成26年11月4日

https://www.youtube.com/watch?v=nuO3BOlpZb8





【安倍晋三、麻生のダブル辞任を求める!!】

「政治資金でキャバクラ、会員制愛人サロンに1800万円」

http://george743.blog39.fc2.com/blog-entry-2035.html

http://p.twipple.jp/wrWcE  http://p.twipple.jp/i81Sd

nomorewarinasia

2014/11/04 18:54


@AbeShinzo

安倍晋三首相に対する告発状

http://article9.jp/wordpress/?p=3323

2014年8月18日

安倍晋三首相の資金管理団体である晋和会の会計責任者と安倍晋三首相本人の両名を被告発人として政治資金規正法違反の告発

東京地検はまだ受理せず、マスコミも話題にせず

nomorewarinasia

2014/11/04 16:04


本当の事だと激高しそうですね。

静かに否定出来ないとは。

時効と言うけれど、この男の国民に対する犯罪は現在進行形。

首相「犯罪者扱い」に激高 社民・吉田氏の脱税疑惑質問に

産経新聞 11月4日(火)17時34分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141104-00000554-san-pol

安倍晋三首相は4日の参院予算委員会で、過去の週刊誌の記事を元に首相に対し「脱税疑惑」を尋ねた社民党の吉田忠智党首に対し「重大な名誉毀損(きそん)だ。議員として恥ずかしくないのか。全くの捏造(ねつぞう)だ」と激しく反論した。

吉田氏は「政治とカネ」の問題を追及する中で、首相に関して平成19年に週刊誌が報じた「相続税3億円脱税」疑惑について事実かどうか尋ねた。

ところが、「もう時効だが…」と述べた吉田氏に首相は激しく反応。「まるで犯罪者扱いではないか。失礼だ。答弁できない」と発言の撤回を求め、審議が中断した。

結局、吉田氏は「断定的に申し上げたことは申し訳ない」と陳謝。これに対し首相は「こんなことに時間を使うことに国民もうんざりしていると思う。いくら質問とはいえ、慎んでほしい」と不満そうだった。

ハラ

2014/11/04 22:55


私を犯罪者扱いするのか!?

安倍激怒!!

http://www.youtube.com/watch?v=dS3iva_sxb4

我々の感覚では、はい!そうです!

山口乙矢

2014/11/04 22:42






 

--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------

 



 


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転載: (復習)日本で連続... | トップ | 転載: 飯島某:「年内の衆... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。