時々更新

日々雑感

転載: 習近平が、ユダヤ金融悪魔専属の江沢民上海閥汚職大王の側近の汚職捜査を開始。

2016-10-14 23:26:26 | 情報拡散希望

転載: richardkoshimizu’s blog

習近平が、ユダヤ金融悪魔専属の江沢民上海閥汚職大王の側近の汚職捜査を開始。       作成日時 : 2014/07/30 07:45

http://rkblog.html.xdomain.jp/201407/article_144.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」

 

 

 

習近平が、ユダヤ金融悪魔専属の江沢民上海閥汚職大王の側近の汚職捜査を開始。

なぜ、習近平が中国共産党内部のユダ金直結幹部を排除し始めたのか?

また、BRICS銀行創設でロシアと合意した背景は?

中国がユダ金を切り捨てロシアと組んだように見えるのはなぜ?

習近平を含む中国幹部を陥れるユダヤ謀略を察知、未然に防いだ経緯があったのではと推測しています。

例えば、MH370による北京全人代突入テロの失敗。中国のステルス戦闘機が、遠隔操作されて突入途上だったMH370をインターセプトして追い払った痕跡?結果、MH370はDG島に強制着陸?

ユダヤ裏社会が、習近平も含めた共産党幹部の抹殺と極東戦争勃発を狙っていたと知り、習近平はユダヤ権力に愛想をつかした?

こんな流れであるなら、現状は理解できるのですが。まあ、真相はまだまだこれからですが。

2014/7/30 04:59

中国の習近平政権が、長く汚職追及の最大標的とみられてきた中国共産党の前政治局常務委員、周永康氏の取り調べを発表した。最高指導グループにあたる政治局常務委員に対しては、現職、経験者を問わず「刑不上常委」(常務委員には刑事責任を追及しない)との不文律があったが、習政権はこの慣例を破った形だ。 周氏は江沢民元主席が率いる上海閥の重鎮として知られてきた。石油閥のトップとして資源利権を使って私腹を肥やす一方、党政法委員会書記を務めた経歴から、司法、警察畑を牛耳ったことで、国内での追及を逃れたとみられてきた。

J

 

 

 

--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------

 






 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転載: チェコ語:『私がボ... | トップ | 転載: 脱サラ起業 年650万... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。