時々更新

日々雑感

転載: AIIB銀行創設で、ユダ金のテロに警戒!

2017-04-23 21:30:52 | 情報拡散希望

転載: richardkoshimizu’s blog     

AIIB銀行創設で、ユダ金のテロに警戒!                     作成日時 : 2014/10/24 09:44

http://rkblog3.html.xdomain.jp/201410/article_182.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」



 

 もはや、ユダヤ米国は世界経済に存在感なし。

21世紀の経済を牽引する中国が主導するAIIB銀行がユダヤ米国の破産を決定づける。

よって、韓国にAIIBに参加するなとユダ金高官が涙ぐみながら恫喝。

韓国地震を引き起こしますか、馬鹿の集団、ユダヤ金融資本?

中南海にMH便を突っ込ませますか?


2014/10/23 20:15

24日に人民大会堂に航空機を突入とか変な事するなよ、ユダ金。

●インフラ銀、創設合意へ=中国主導で新国際機関―APEC

時事通信 10月23日(木)17時29分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141023-00000101-jij-cn

【北京時事】中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の創設準備が進んでいる。 中国メディアによると、24日に北京市内の人民大会堂で、21カ国の代表が集まり、調印式が開かれる。途上国支援を行う世界銀行やアジア開発銀行(ADB)と似た役割の国際金融機関となる。 北京で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)財務相会合で、インフラ投資の重要性が確認され、AIIB合意の環境が整った格好。楼継偉財政相は22日、会合終了後の共同記者会見で「きょうは約半分の時間を費やし、インフラ整備の資金調達をめぐる問題を話し合った」と述べ、インフラ資金の融通がいかに重要かを強調した。

↓ユダ米の国家安全保障会議メンバーが口を出すって変だな~。

●米政府高官 中国主導インフラ銀への韓国参加を警戒

http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2014/07/08/0900000000AJP20140708000400882.HTML

【ワシントン聯合ニュース】米ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)のサイラー朝鮮半島担当補佐官が7日(現地時間)、中国が主導し設立を目指しているアジアインフラ投資銀行(AIIB)について、韓国は参加に慎重になるべきだとする立場を表明した。

サイラー氏は聯合ニュースの取材に対し、「われわれにはインフラ投資と開発に関与する金融機関として世界銀行とアジア開発銀行(ADB)があり、両行は支配構造と環境・社会的なセーフガード、調達面で高いレベルを維持している」と強調した。一方で、AIIBが現時点でこうした基準を満たすか明確でなく、世界銀行やADBのような既存の多国間開発機関と協力したり付加価値を創出したりすることができるかも不透明と指摘した。

同氏は、既存の両機関はアジアの需要に応じる大変有用で中心的な手段になっていると評価。AIIBがそれ以外の付加価値を生み出せるか見守る必要があるとした上で、「韓国だけでなく、世界銀行やADBと共に活動するすべての国が、AIIBに対し共通の疑問点を持っている」と述べた。

米政府高官が韓国のAIIB参加問題について公に慎重論を提起するのは初めて。

中国政府は先週、習近平国家主席の訪韓を機に、韓国にAIIB参加を正式に提案した。これに対し韓国政府は、主要事項を協議、検討するとの立場を示した。

mgk1202@yna.co.kr

 





 

--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------

 


 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転載: 妥協案、過半数が支... | トップ | 転載: 前田明美さん、精神... »
最近の画像もっと見る

情報拡散希望」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。