時々更新

日々雑感

転載: 原油値下がり止まらず 一時1バレル65ドル台

2017-07-06 21:04:56 | 情報拡散希望

転載: richardkoshimizu’s blog  

原油値下がり止まらず 一時1バレル65ドル台                     作成日時 : 2014/11/30 07:04        

http://rkblog3.html.xdomain.jp/201411/article_184.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」

 







ユダヤ朝鮮裏社会が、日本でなりふり構わぬ衆院不正選挙強行を進める一方で、原油価格は暴落中。

OPECが減産で合意せず、需要を上回る供給が今後も拡大する。

しかも、世界のエネルギー需要は石油から天然ガスへ。

原油価格下落で痛手を被っているのは、産油国ロシア?ロシアは、天然ガス大国。

一番困っているのは、アメリカ合衆国ではないですか?

ドルは原油取引で使われる通貨だからこそ、基軸通貨の地位を辛くも維持してきた。原油が暴落すれば、ドルの需要もみるみる縮んでしまう。日に日に「不要通貨」となりつつある米ドル。

日本で不正選挙などやっても、焼け石にスポイト。ユダ金さん、諦めなさい。何をやっても全部裏目。

ガイアの自浄作用です。w

2014/11/29 16:59

原油値下がり止まらず 一時1バレル65ドル台 

NHKニュース:
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141129/k10013583751000.html

28日の ニューヨーク原油市場は、 原油の供給が需要を上回り 過剰になることへの警戒感から 原油の先物に売り注文が相次ぎ、 先物価格は一時、 1バレル=65ドル台に 下落しました。 28日の ニューヨーク原油市場は、 OPEC=石油輸出国機構が 減産を見送ったことを受けて 供給が過剰になり、 さらに値下がりするという 見方から先物に売り注文が 相次ぎました。 このため、 国際的な原油取引の指標となる WTIの先物価格は一時、 1バレル=65ドル台 まで下落し、 2010年5月下旬以来 およそ4年半ぶりの 安値水準になりました。 市場関係者は 「原油市場は売りが売りを呼ぶ 展開になっている。 このまま値下がりが続けば、 アメリカで生産している シェールオイルの開発にも 影響が出そうだ」 と話しています。

ひろ~ん 





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転載: 「空母レーガン乗組... | トップ | 転載: RK独立党田舎暮らし計画 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。