時々更新

日々雑感

転載: 「不正選挙で自民300議席」うまくいくかな?裏社会さん?

2017-07-17 21:38:15 | 情報拡散希望

転載: richardkoshimizu’s blog  

「不正選挙で自民300議席」うまくいくかな?裏社会さん?                     作成日時 : 2014/12/05 16:18        

http://rkblog3.html.xdomain.jp/201412/article_26.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」

 






今回の選挙、「自民300議席」が既成事実かのようにメディアに報道させることで、不正選挙を貫徹しようと企むユダヤ朝鮮裏社会。

だが、その予測に違和感を持つ人が多数発生中。

民主党幹部は....「衝撃的な数字だ」「郵政解散のような熱気が自民党にないのになぜだ」

なぜって、不正選挙だからです。それだけです。

生活の党の小沢氏も「300議席報道」で有権者を「諦めさせる」手口に反駁。


「自民300議席」予測の衝撃 野党連携の効果見えず

朝日新聞デジタル 12月5日(金)11時55分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141205-00000022-asahi-pol

朝日新聞などの全国紙が4日付朝刊で、衆院選の序盤情勢調査を踏まえて自公圧勝の勢いを報じ、野党に衝撃が走った。特に民主党、維新の党は選挙協力が機能せず、政策のアピールを含めた選挙戦略を立て直そうとしている。一方、議席減も予想していた自民党は勢いづき、民主党首脳の選挙区を中心に攻め込むなど、手を緩める様子はない。

■民主「郵政解散のような熱気ないのに」

新聞各社のホームページに選挙戦序盤の情勢がアップされ始めた3日夜。民主党本部に置かれた選挙対策本部は「お通夜のよう」(出席者の一人)だった。

「衝撃的な数字だ」「郵政解散のような熱気が自民党にないのになぜだ」――。こんな声が飛びかった。

生活の党の小沢一郎代表は5日の「ニューズ・オプエド」に出演し、同日の新聞各紙が「自民党が300議席超へ」などと報じたことについて、「選挙期間中に議席予測を報じるのは有権者に予断を持たせることになるので禁止すべきだ」と述べた。

なお、小沢代表が出演した「ニューズ・オプエド」は総選挙投開票日の14日まで無料公開している。


小沢代表「選挙期間中の議席予測報道は禁止すべき」【衆院選】

DAILY NOBORDER 12月5日(金)15時20分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141205-00010003-noborder-pol


そして、榊原英資氏が自民党の大敗北を予測。不正選挙がなければ、自民大敗ということ。

こんどの選挙、かなり無理な不正選挙を仕組まないと自民ボロ負け。無理をすれば、ほころびがあちこちで見えてくる。

「不正世論調査」に注目が集まる。とても良い傾向です。裏社会さん、もっと悲惨な捏造世論調査をぜひお願いします。

国民覚醒の起爆剤です。



ムサシ不正システムが発動しない場合の結果がありましたのでコメントします。気になるのは榊原氏も湯田屋金融のエージェントですよね?、その榊原氏がこう述べるのは安倍とその背後のハンドラーズ系湯田への警告でしょうか(転載)

ミスター円こと榊原英資氏が自民党の大敗北を予測。 ブルームバーグより→2014年11月26日

http://mobile.bloomberg.com/news/2014-11-26/mr-yen-sees-drop-he-forecast-nearing-end-on-economy-currencies.html

・「自民党は、ほとんどの選挙予測を超える議席を失うだろう ……選挙結果は多くの者にとって大きなサプライズとなるだろう」

芥 






--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転載: 最大の関心は、選挙... | トップ | 転載: 船瀬俊介の解散総選... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。