時々更新

日々雑感

転載: BRICS開発銀行は従来の世界体制を終わりにする可能性を持っている。

2016-09-19 22:02:54 | 情報拡散希望

転載: richardkoshimizu’s blog   

BRICS開発銀行は従来の世界体制を終わりにする可能性を持っている。    作成日時 : 2014/07/13 20:38  

http://rkblog.html.xdomain.jp/201407/article_64.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」

 


 

BRICS諸国の結束が、米欧ユダヤ支配構造を破壊します。それは既に決定された事項です。金融ユダヤ人がいくら暴れても結果は同じです。但し、金融ユダヤ人は敗北を認めたくない。つまり、今は、敗戦処理の段階です。

BRICS開発銀行がIMFに代わって貧窮した国を救う。救われた国やそれを見ていた国は、IMFなど見向きもしなくなる。

IMFが利用されなくなる。金融ユダヤ支配の終焉である。

2014/7/12 23:31

(田中栄氏ブログ抜粋)BRICS開発銀行は、こうした従来の世界体制を終わりにする可能性を持っている。BRICSは、自分ら自身が以前の発展途上諸国として、米英から支配や嫌がらせを受けてきた。投機筋の動きなどによって経済危機に陥った途上諸国が、厳しい条件を出すIMFと、条件が甘いBRICS開発銀行のどちらかに頼れるとしたら、IMFでなくBRICSに救済してもらうだろう。「そんなことをしたら、野放図な経済運営をして経済破綻した国が、何の改善も求められずに救済され、野放図が改まらない」と、既存のIMF体制の支持者たちは言う。しかしIMFのやり方は、破綻した国に「改善」を求めるふりをしつつ民営化を要求し、米欧企業が買収で儲ける「新植民地主義」のやり方だ。日本は、米国に次ぐIMFの出資国だが、米英に従属する国是なので、IMFの新植民地主義に対して見て見ぬふりをしてきた。 

BRICSは途上諸国に対して慈善事業をやろうとしているかといえば、そうでもない。IMFでなくBRICSに頼って救済してもらった途上諸国は、その後、BRICS諸国の国営企業との経済関係を強化するだろう。「北風と太陽」の寓話の構図で、無理に民営化を迫るより、表向き何も条件をつけずに金を貸す方が、長期的に得になる。

BRICS開発銀行
NISA非課税枠倍増の


2014/7/13 20:17

ロシアのプーチン大統領、 アルゼンチン大統領、 そしてウルグアイ大統領と会談。

Twitter / RT_com https://twitter.com/RT_com/status/488257434721333250?lang=ja

Chin Chin! Putin drinks champagne with presidents of Argentina and Uruguay (VIDEO)

http://youtu.be/Vn6H9SERewU

Casa Rosada. Presidencia de la Nación

Argentina. Presidencia: http://www.presidencia.gov.ar/

ひろ~ん

 




 

--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------







 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転載: 避難者わずか858... | トップ | 転載: 「創価学会は北朝鮮... »
最近の画像もっと見る

情報拡散希望」カテゴリの最新記事