時々更新

日々雑感

転載: 75歳以上の保険料軽減特例廃止へ 加入者の半数負担増

2017-04-04 22:10:45 | 情報拡散希望

転載: richardkoshimizu’s blog   

75歳以上の保険料軽減特例廃止へ 加入者の半数負担増                            作成日時 : 2014/10/16 06:41        

http://rkblog3.html.xdomain.jp/201410/article_114.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」



 

社会福祉目的の消費税増税をしたおかげで、後期高齢者の医療費があがります。

つまり、消費増税は目的を達していないということです。

当たり前です。消費増税すると消費者は消費を控えるため、ものが売れなくなり企業業績が落ちる。企業も社員も所得が減るので、国の税収は減ります。

よって、社会福祉目的に使う「税収増」は発生しません。それどころか大幅な「税収減」となります。よって、高齢者の医療費を高くする必要が生じます。

つまり、消費増税は最初から機能しないとわかっている代物であり、国の経済を一段と冷え込ませるために意図的に導入した「経済テロ」行為です。すべてが米国ユダヤ人の仕組んだ日本弱体化を目的とする謀略です。

安倍晋三は金融ユダヤ人に飼われた性能の悪い家畜です。

2014/10/15 22:50

関係ない内容で失礼致します。 出すものは増やし、入るものは減らしている今日の日本ですが、増税した所で税収は見込まれません。文中に公平な負担に是正とありますが、低所得での負担自体不公平です。

75歳以上の保険料軽減特例廃止へ 加入者の半数負担増

http://news.auone.jp/top_news/news.php?DATATYPE=news&NOT_TOPPAGE=0&PAGE_NO=0&ID=asahi_KTT20

75歳以上が加入する後期高齢者医療制度について、厚生労働省は所得の低い人などを対象にした保険料軽減の特例措置を、段階的に廃止する方針を決めた。公平な負担に是正するのが狙いで、加入者の半数にあたる約865万人の保険料が上がる見込みだ。実施時期は今後詰める。 15日にあった社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の部会で方針を示し、おおむね了承された。少子高齢化で現役世代の社会保障費の負担が重くなり、高齢者にも支払い能力に応じた負担を求める必要があると判断した。 厚労省が示した影響額の試算によれば、年金収入...

練馬からです





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------

 

 




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転載: エボラ出血熱について | トップ | 転載: 創価学会、北鮮、覚... »
最近の画像もっと見る

情報拡散希望」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。