時々更新

日々雑感

転載: 反ユダヤ主義拡大の兆候=抗議行動が激化-ドイツ  

2016-10-18 22:04:33 | 情報拡散希望

転載: richardkoshimizu’s blog

反ユダヤ主義拡大の兆候=抗議行動が激化-ドイツ       作成日時 : 2014/08/04 10:07  

http://rkblog.html.xdomain.jp/201408/article_9.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」



 

「ユダヤ人に死を」「ガス室に送れ」....そういった過激なユダヤ人批判が起きても仕方がないです。普通のユダヤ人諸君、シオニスト・金融ユダヤ人を駆除する仕事はあなた方が実行するべきです。

ユダヤ人の敵は、シオニストと金融ユダヤ人です。

2014/8/2 18:24

講演観られませんでした ガックシ…記事投稿します。

反ユダヤ主義拡大の兆候=抗議行動が激化-ドイツ

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014080200178

イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの軍事作戦で、多数の死者が出たのを受け、ドイツでイスラエルに対する抗議行動やユダヤ教を標的とした暴力行為が頻発している。ナチスによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の過去を抱えるドイツでは、イスラエル批判はタブー視されているが、過激なスローガンが掲げられ、反ユダヤ主義が拡大する兆しを見せている。抗議行動の参加者は「ユダヤ人に死を」「ガス室に送れ」などと叫んだと伝えられる。また、西部ブッパータールでシナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)に火炎瓶が投げ込まれる事件が発生。ベルリンではユダヤ人青年が何者かに殴られた。ドイツ・ユダヤ人中央評議会のグラウマン会長は「ユダヤ人に対する邪悪で暴力的な憎悪が爆発している」と懸念を表明。また、イスラエルのハダスハンデルスマン駐独大使は、ナチス政権下で起きた反ユダヤ主義暴動「水晶の夜」に触れ、「ユダヤ人がベルリンの路上で追われ...

無名



 


--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------





 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転載: 裏社会は、大量の米... | トップ | 転載: ≫「独立党」ですって... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。