時々更新

日々雑感

転載: 脱法ハーブの地獄

2017-08-10 23:12:20 | 情報拡散希望

転載: richardkoshimizu’s blog

脱法ハーブの地獄        作成日時 : 2013/05/10 13:41

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201305/article_74.html

http://rkblog.html.xdomain.jp/201305/article_74.html 
 
※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」




                    

                                                            

34歳の息子。独身。子供の頃からの在日、パチンコ屋の息子の友達あり。その友人に「名義貸し?」してS市で風俗店経営者に。1年ほど前から「脱法ハーブ」を覚えドツボにはまった。禁断症状あり、暴れる。父親にも手におえない。自傷事件を起こす。心臓に達するほどの傷。家に創価のヘンな書物を持ち帰る。

薬を買う金ほしさにありとあらゆる嘘をつき、家人から金をもぎ取っていく。

普通に自販機で売っている脱法ハーブ。警察は「合法」だから取り合わない。家に帰されてしまう。「脱法ハーブ依存者家族会」の類があるが、拘束力なく対策なくいままで完全に「更正」した例なし。神経科で向精神薬の類を処方され、また新たな薬物中毒になるケースが多い。どうにもならない。

裏社会にとって、薬物は重要な収入源。だから、脱法ハーブを根本的に取り締まる法律が作られない。覚せい剤ではないから刑務所にもぶち込まない。それでいて、幻覚効果は覚醒剤よりも強い。覚せい剤を追い越す勢いで日本社会に蔓延している。

裏社会が狙うのは、20代後半から40代。かねを持っている世代。世間知らずだから安易に手を出す。社会の構造を知らないから気楽に引き込まれてしまう。いったん手を染めたら抜け出すのは極めて難しい。

創価の薬物流通ルート。全国販売網。創価の裏部隊の主要構成員は「在日」「北朝鮮」人脈。北朝鮮の新たな資金源。

国家を裏社会が支配し、裏社会が「北朝鮮」と同義語であり、北朝鮮と癒着したうすら馬鹿が総理大臣をやっている国。

薬物で日本社会を弱体化させたいユダヤ金融悪魔。手先連中の資金を自ら薬物で調達させるユダヤ。ユダヤの圧力で日本の官憲は手を出さない。蔓延を助長する。

日本からユダヤ悪魔、北朝鮮利権集団を追い出し浄化しない限り、根本解決はできない厳しい命題。買いたくても供給がなければ中毒者は救われる。もちろん、それをめざす。明治維新時、アヘンの流入を阻止した日本人である。できないことではない。

だが、即効性のある対策でいくらかでも事態を改善できないか?65歳の父親が万策尽き、RKに相談。諸氏のご意見を。


 



--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------



   

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転載: 今後、日本全国で多... | トップ | 転載: 安倍ちゃんが起用し... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。