Leikon's Photo Diary

写真とカメラなどに係わる独り言

吉例顔見世大歌舞伎 夜の部

2016年11月06日 23時42分07秒 | 歌舞伎
本日は誤認衆の H 口怪鳥のご厚意で、歌舞伎座・夜の部に家内と芝居見物。お目当ては、勿論、八代目中村芝翫始め四人の襲名披露の二度目と芝翫の盛綱。まぁ、御浜御殿の松嶋屋さんの綱豊が最大のお目当てとは言えませんですねぇ(爆)


先ずはお目当ての(言っちゃった・爆)「元禄忠臣蔵」から「御浜御殿綱豊卿」。仁左衛門は流石で、敵討をさせたいが、表立っては言えない綱豊の気持ち・雰囲気を上手く出しています。染五郎は直線的過ぎてイマイチ。他では梅枝のお喜世が良かったと思います。
それから、真山青果の脚本は、どうも説教臭さが立っていけません。苦手です。前半に一度寝落ちしました(爆)

続いて、八代目中村芝翫 四代目中村橋之助 三代目中村福之助 四代目中村歌之助 襲名披露。梅玉、児太郎は先月と同じ話で面白味に欠けたこともあり、先月の方が心が籠っていたように思えます。

そしてメインの「近江源氏先陣館 盛綱陣屋」。これは、芝翫の初役ですが、なかなか見事だと思いました。首実検の心の動きもよく伝わります。時蔵、扇雀、秀太郎の女形トリオも締めています。小四郎の尾上左近くんが熱演。主役を喰ってしまうほど。泣けました。

〆が「芝翫奴(しかんやっこ)」。デザートですかね。

祝幕は、墨痕モノクロの先月から一変して、現代アートでカラフル。どちらも佐藤可士和のデザインです。


お供は Zeiss Victory 8x32 T* FL でした。デビュー戦です。


【本日の演目:夜の部】
「元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿」は、松嶋屋さんの徳川綱豊卿、染五郎の富森助右衛門に、梅枝の中臈お喜世、左團次の新井勘解由など。

「八代目中村芝翫 四代目中村橋之助 三代目中村福之助 四代目中村歌之助 襲名披露 口上」は、山城屋さん、高麗屋さん、松嶋屋さんほか。

「近江源氏先陣館 盛綱陣屋」は、橋之助改め芝翫の佐々木盛綱、幸四郎の和田兵衛秀盛で、篝火を時蔵、伊吹藤太と早瀬を鴈治郎、扇雀兄弟で。秀太郎の微妙、彦三郎の北条時政。小四郎を左近など。

「芝翫奴」は、奴駒平を国生改め橋之助。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Zeiss Victory 8x32 T* FL イ... | トップ | 「京都人の密かな愉しみ 月... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。