Leikon's Photo Diary

写真とカメラなどに係わる独り言

青インク

2017年05月14日 05時37分07秒 | 筆記具
手持ちの青インクから、使っているもの、新規購入した等で気になるものを並べてみました。

上から以下の通りとなります(付けペンと書いていないものは、ペンに充填して使用しています)。
色彩雫 朝顔 M605 F (付けペン)
神戸インク物語 港島アイランドブルー M101n EF
同上 M101n M・・・Bから研ぎ出し
色彩雫 深海 M605 F (付けペン)
色彩雫 月夜 M605 F (付けペン)
ペリカン タンザナイト M405 EF
同上 M800 M
色彩雫 深海 M605 F (付けペン):これだけ 2 回登場
ファーバーカステル コバルトブルー クラシック M
ペリカン ロイヤルブルー M600 EF と トパーズ M805 F
色彩雫 露草  M605 F (付けペン)
神戸インク物語 ウルラピス M605 F (付けペン)
ペン&メッセージ 朔 M605 F (付けペン)

同じ港島でもニブが細い 2 行目は太い 3 行目よりも濃く感じますから、インクの色の評価は難しいです。
月夜と朔は緑っぽいですね(昔のウォーターマンのブルーブラックが乾いた後の感じ)。深海は緑っぽいのか、青っぽいのか分り難いですが、濃灰色とも見えます。
一方で、紫っぽいのはロイヤルブルーとウルラピス。
タンザナイトは本当に濃くて黒っぽいです。コバルトブルーと港島の M は紺ですね。好み。
朝顔が(意外なことに、紫っぽくなくて)綺麗なブルーで、感心しました。

明るい青ならトパーズ、普通の青なら朝顔、紺なら港島かコバルトブルー、黒に近い紺ならタンザナイト。この 5 個がイイ線ですね。紫っぽいのはチョット苦手なんですが、消せる点は有用ですから、ロイヤルブルーも外せませんけどね。

因みに、青系以外では、黒〔ペリカンのオニキス)と蛍光の緑しか持っていません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 色彩雫 3 色セット | トップ | 色彩雫ミニサイズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。