~ Sweet Leier ~ ライア-(竪琴)大好き!

ドイツ生まれのライア-という竪琴を弾いている三野友子です。ライア-や日常生活のこと、あれこれを気ままに綴ってます

バッハの調べ♪

2017年03月13日 | おんがく日記
J.S. Bach: Prelude BWV 998


バッハのプレリュードです。
春の風とともに
植物がまっすぐ上へ上へと
光を求めて伸びている風景が思い浮かびます。

この曲ライアーで弾ける・・・かも♪ うふふ♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12弦のキンダーライアー

2017年03月11日 | ライア-日記
最近、12弦のキンダーライアーのレッスンにいらしてくださいました。

写真のライアーは私の私物で(笑)
息子がまだ小さいころ
ドイツのシュタイナー幼稚園に通っていたころに
彼のために買ったものです。

ちょうどそのころ
私もライアーのレッスンを始めたので
私が練習をしていると
小さかった息子は私のそばでこの小さなライアーを弾いて遊んでいました。

そんなかわいいことをしていた息子は
いつの間にか社会人になってしまって
このライアーはしばらく押入れに眠っていましたが・・・

ここ最近、この12弦のライアーでのレッスンにお越しになる方が増えて
久しぶりに私も押入れから出してきて、ぽろり~ん♪
いいわ~~~、なんてかわいらしい音♪(笑)

ド~ソまでの12弦で
半音階はないので、弾く曲はかなり限られますが
このタイプのライアーは
曲を弾くというよりは
ライアーそのものの響きを楽しむ方向に意識を向けると
魔法のように素敵な空間が生まれます♪

生徒さんと向かい合って
ぽろ~ん、ぽろ~んと
小さな音と響きを聞いていると
しぜんと、涙だ出そうになってきます。

読者の皆さんの中で
お子さんのために、小さなライアーを買ったけど
押入れに入ったままになっている・・・なんて方がいらしたら
ぜひぜひ、押入れから出してきて
音を出してあげてください。

小さな、小さな音ですが
ふんわりした、やさしい音の空間を作ってくれますよ~♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月になりました!

2017年03月02日 | 日々思うこと・・・
毎年同じことを思っているような気がしますが・・・
1月、2月と過ぎるのが早い~~~!
2017年もあっという間に3月になりました。

日差しもだんだん明るくなり
木々にもお花が咲き始めました。

明るい日差しに誘われて、
のんびりお出かけしたくなりますね♪

3月のHP更新いたしましたので
ご訪問お待ちいたしております!
http://www.dolphin-harmony.com/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライアーの音の向こう側には・・・

2017年02月28日 | ライア-日記
ライアーのボディは木でできています。
あたりまえといえば、あたりまえの話ですが・・・

ちょっと想像をしてみませんか・・・?

そのライアーを形作っている木は
今は板状になって
ライアーという楽器になっていますが
かつては・・・
大きな一本の木でした。

その木は地下にたくましく根を張りめぐらし
大地から養分や水分を受け取り
地上ではのびのびと幹を伸ばし
枝を張り巡らし
その枝には美しい緑の葉が生い茂っていたことでしょう。

まぶしい緑の葉の木陰に小鳥たちはさえずり
小動物は憩い
そして、静かにそよぐ風とともに
その木は・・・
その木の歌を歌ったいたことでしょう。

それは、どこの国?
どんな風土の土地?
私たちにはもうわかりませんが

でもその木の一部が・・・
今、ライアーという楽器になり
私たちの手元にやってきました。

遠く海を越えて
その木がかつて一本の大木だったときに歌っていた歌を
ライアーとして歌うために!

あなたのライアーはどんな歌を歌いたいのでしょうか?
そして、私のライアーは・・・?
ライアーの音色にじっと耳を澄ませていたら
なんだか遠くの方から聞こえてきそう。

な~んてことを妄想していたら
なんだか、とっても幸せな気持ちになりました。
うふふふ♪
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

太古の音は・・・?

2017年02月25日 | ライア-演奏予定
だんだん春の足音が近づいてきました~♪

3月20日(月・祝)午後3時~
横浜の朝日カルチャーセンターにて
レクチャーコンサートを開催いたします。

タイトルは
「ライアー(竪琴)の響きにのせて
  心と身体を開放する 」

サイトはこちらです。
https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/6af90cc1-ac20-26a6-8855-5812b3c32bdc

指揮者の香西克明さんとともに
太古の音のことや
人間と音の関係などなど
お話を交えながら
演奏もお聞きいただきます。

つい先日香西さんと打ち合わせをしてきたのですが
香西さんは博学で
いきなり、音楽の「楽」という漢字の
甲骨文字を書きだし、
本当の「楽」の意味とは・・・と
今の私たちの理解とは全然違う
昔の人の考え方についての講釈が始まり
「面白い~~~!」

当日は、きっときっと興味深いレクチャーコンサートになるはずです!

私が演奏しようと思っている曲は
やはり古いものが中心となりますが
3世紀にできた最古のアヴェ・マリア
4000年前のシュメールの楔形文字の粘土板に残されていた曲
2000年前の古代ギリシャのセイキロスの碑文に記されていた曲など
ちょっと、普段のコンサートでは演奏しないような曲になります。

詳細は以下の通りです♪

レクチャーコンサート
ライアー(竪琴)の響きにのせて心と身体を開放する

日時: 2017年3月20日(月・祝)15時~

受講料:会員 3,780円 一般 4,428円 (税込み)

講師名:指揮者 香西 克章
    竪琴ライアー奏者 三野 友子

お申込み:横浜朝日カルチャーセンター 電話045-453-1122


講座内容:
古代ギリシャから伝わるライアー(竪琴)の響きにふれてみましょう。
私たちが忘れかけている昔の人が大切にしていた音に耳を傾ける大切さを見直してみませんか。
古代と現代における身体の使い方の違いなどを学び、音楽とは古代の人々にとって何だったのか、
心と身体を通して考えてみましょう。

プログラム(予定)
パッヘルベルのカノン、主よ人の望みの喜びよ(バッハ)
グレゴリオ聖歌、セイキロスの碑文より(古代ギリシャ)など

講師プロフィール
香西 克章 (コウザイ カツアキ)
広島県生れ。高山顕・千晶両氏に音楽を学ぶ。83年渡米し、C.ゴードン、C.リーチにトランペットを学ぶ。
後、尚美学園音楽短大に入学し、トランペットを関山幸弘氏に師事。
合唱指揮者栗山文昭、現代詩人粒来哲蔵両氏に出会い、大きな影響を受ける。
86年より指揮に転向。高階正光氏に斎藤指揮法を学ぶ。94年国立音大卒業。
オーケストラ、ブラスバンド、合唱と指揮活動を精力的に行っている。
21世紀の合唱を考える会、合唱人集団「音楽樹」会員。

三野 友子 (ミノ トモコ)
8年半にわたるドイツ滞在中、長男の通った現地のシュタイナー幼稚園でライアーに出会い、
アネマリー・ローリング女史より奏法を学ぶ。
クラシックからケルト音楽、中世の祈りの音楽、オリジナル曲まで、幅広いレパートリーを持ち、
安らぎと癒しの演奏を行う。「ライアーのおくりもの」など4枚のCDを制作発表。

ライアーは、2001年のアニメ映画「千と千尋の神隠し」のテーマ曲「いつでも何度でも」を
木村弓子氏が演奏して注目を集め、透明で美しい音色が話題となる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めてのおさらい会

2017年02月23日 | 演奏のあとさき
ついこの前の日曜日に
ライアーのレッスンに通ってきてくださる方々の
「おさらい会」を開催いたしました。

ライアーを初めて人に教えたのは
もう、かれこれ14年くらい前になりますが、
だんだん生徒さんが増えてきて
「おさらい会」をやってみよう!と思ったわけです。

私のライアーレッスンは
個人レッスンなので
生徒さんが、自分以外のほかの生徒さんに会う機会がないということと
ライアーはひとりで弾くのもいいけど
大人数でライアーの音を重ねるのも
これまた素敵な体験なので
ぜひ、生徒のみなさんに経験していただきたいな~と思った次第です。

何人集まってくださるかはわからなかったのですが
結果的に11名ご参加いただきました。

前半は輪になって、グリッサンドや一音を出したり
ペンタトニックのメロディを弾いたり
簡単な曲のアンサンブルをしたりしました。

後半は、「ぜひみなさんの前で演奏を披露しましょう!」ということで
どきどきしながらの演奏タイムでした。

みなさん、ライアー歴や使用楽器もそれぞれで
曲もクラッシック、日本の曲、祈りの曲、ポピュラーなどなど様々な曲がそろい
参加なさった方々も
「こんどはあの曲を弾いてみたい~♪」
という具体的なイメージを持つことができたのではないかと思います。

「人前で演奏する緊張感がたまりませんでしたが、またやってみたいです♪」
という前向きなご感想もいただき
とにもかくにも
非日常的な「人前で演奏する」ということもたまにはいいかもしれません~。

一生懸命演奏なさっている生徒さんのお姿を拝見して
じ~んとしました。
そして、ライアーの音色ってなんて素敵なんだろう・・・って
再確認をさせていただいた一日でした。

ご参加いただいた方々
ありがとうございました♪
また第二回目やりますよ~!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引き下がらない!

2017年02月15日 | 日々思うこと・・・
去年は4月と10月に中国へ
ライアー演奏&指導へ行きました。

帰国してから
「トモコのCDを欲しいって言っている人たちが
 たくさんいるから、送って~」と言われ
どさっと段ボールにて送ったのが昨年の12月の半ばのこと。

それから、「届いたよ~」の連絡もないまま
2か月近くが過ぎて
「エアメールで送ってるから
 いくらなんでも、届いているはずだし
 おかしい。。。」
と、思い始めたころに
中国からメールが入ったのです。

「トモコ、CDまだ届いてないよ~」

「やっぱりおかしい!!!
 以前に封筒にCD入れて送った時に
 うまく届かなかったことがあったから
 もしかしたら、没収されているのかも。。。」

その中国の友人、ビッキーちゃんに

「2か月近く前にエアメールで送ったから、もう届いているはずよ。
 たぶん、行方不明になったかも。
 私たちのせいではないから、仕方ないね。
  私も自分のCDがなくなったのは惜しいけど
  何も、どうすることもできないから、あきらめよう」と、
かなり弱気なメールを送りました。

すると、ビッキーちゃんからすかさず返信が

「トモコ、ちゃんと郵便局で調べてもらったの???
 荷物番号もあるんだから、ちゃんと調べてもらいなさいよ!」

という、強気なお言葉に

「そうだね!わかった、今すぐに郵便局へ行くよ!」
と、自転車を走らせて郵便局へ直行!

郵便局で、追跡番号を調べてもらったら
なんと、いろいろ行き違いがあったみたいで
今、倉庫で保管されているらしいとのこと。
そして、現地の(中国の)郵便局のコールセンターの電話番号まで教えてもらいました。

「ビッキー、どうやら郵便局の倉庫にあるみたいよ。
 電話番号も教えてもらったから、連絡してみて!」

そんなメールを出した数時間後

「トモコ、これ見て~!!!」と
送られてきた1枚の画像・・・
それは、私が中国のビッキーちゃんあてに送った
CDがいっぱい入った段ボールの写真でした。

「ブラボー!!!」

ビッキーちゃんと二人、メールで喜び合いました(笑)

今日の私の教訓、それは・・・
あきらめないで、引き下がらない!!!

なんだか今日の出来事で
ぴっと背筋が伸びたような気がします(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

音はどこから・・・?

2017年02月08日 | ライア-日記
ライアーの音色に耳を澄ましてみる
そっと澄ましてみる

音が消えてなくなってしまっても
その向こう側に耳を澄ましてみる
静けさの向こう側に耳を澄ましてみる

ライアーの
小さな、かそけき、やさしい音色の向こう側にあるもの

それは・・・
静かな世界
静けさ

闇の中でふっと明かりがともるように
心の中を包み込んでくれる静けさ

心の中の静けさを見つけたら
あれこれ騒がしい思考は姿はどこかへ消えて
そのあとに残るのは
やっぱり静けさ

その静けさに出会うために
今日もライアーを弾きましょうか♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日から2月です♪

2017年02月01日 | 日々思うこと・・・
2017年もあっというまに2月になりました!
3日は節分、そして4日の立春を迎え
暦の上でも新しい年になります。

インフルエンザが大流行のようですが
みなさまどうぞお元気でお過ごしくださいますよう。

私自身おかげさまで
比較的元気に過ごしていますが
自己流なかぜ対策としては
「しょうが」です!
台所からしょうがをきらすことはありません。

朝に飲むのは
しょうが入りの紅茶もしくはえんめい茶です。
(えんめい茶は長野から取り寄せています~。
 http://www.kwk-kurohime.com/enmeitea/

すりおろしたしょうが(大量!)
黒砂糖少々
牛乳少々をアツアツのお茶に入れて飲むのが日課です。
健康第一!
ぜひぜひお試しくださいませ♪

と、民間療法のことはさておき(笑)
2月のHPも更新いたしましたので
ご訪問お待ちいたしております!
http://www.dolphin-harmony.com/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バッハの風が・・・

2017年01月27日 | おんがく日記
きのう、たまたま聞いていたFMラジオから流れてきたのは
バッハの「2つのバイオリンのための協奏曲 二短調」
第二楽章がなんとも素敵です。

かろやかな
心地のよい風がふいてくるようです♪

Bach - Double Violin Concerto in D minor 2nd movement, Largo
コメント
この記事をはてなブックマークに追加