レフティやすおの新しい生活を始めよう!

50歳からが人生の第二段階、中年の始まりです。より良き老後のために良き習慣を身に付けて新しい生活を始めましょう。

左利きってなんだ(17)快適左利きライフ入門(4)-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第495号

2017-06-14 | 左利き

毎月第一・第三土曜日発行の無料左利きメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』6月3日発行第495号のメルマガのお知らせです。


第495号(No.495) 2017/6/3

「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その22― 左利きで心地よく生きるための方法(29) 左利きってなんだ(その17) 快適左利きライフ入門(4)」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして
左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第495号(No.495) 2017/6/3
「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その22―
左利きで心地よく生きるための方法(29)
左利きってなんだ(その17) 快適左利きライフ入門(4)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
▲左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ▲ ..第一土曜日掲載
―その22― 左利きで心地よく生きるための方法(29)
左利きってなんだ(その17) 快適左利きライフ入門(4)
------------------------------------------------------------

 左利きライフについて考える4回目です。

 〈強度〉の左利きの人(要するに私自身ですが)
の生活を覗き見しながら、
 快適な左利きライフの方法を考えてみよう、と思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その22―
  左利きで心地よく生きるための方法(29)
左利きってなんだ(その17) 快適左利きライフ入門(4)
  ◆ 人を見て指導する ◆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ●左右共生社会

菅沼晃著『維摩経をよむ―日本人に愛されつづけた智慧の経典』(NHKライブラリー 1999/6)
すべての人々が民族・部族・宗教などのちがいや対立をこえて、ただ一本の傘のもとに「共生」することのできる社会、それが『維摩経』の説く「ブッダの清浄な国土」であるといってよいと思います。/この場合も、はじめから一本の傘があったわけではなく、五百人の人々のそれぞれの傘(すなわち、共生できる社会をつくろうとする願い)が合わさった結果が一本の傘となったという点が重要です。さまざまな人々が個性やちがいを保ちながら共生できる社会をつくりあげること、これこそ私たちに課せられた二十一世紀最大の課題といってもよいのではないでしょうか。》p.36-37

 ●王選手と鳥谷選手

鳥谷敬著『キャプテンシー』(角川新書 2016/3/10)
野球はどういうわけか最初から右投げ右打ちだった。それが当たり前だと思っていた。》(p.35)

 ●人を見て指導する
決まりきった伝統的な教えを一方的に説いたところで、ブッダの心を伝えることはできない。説法を聞こうとしている人々、とくに道を求めて新たに仏門に入った人々にたいしては、その心をよく見きわめてから教えを説くべきである。》菅沼晃著『維摩経をよむ』p.80

 ●スポーツの世界は左右平等が進んでいる?
 ●左利きに優しい環境を整える

 ・・・

詳細は本誌で。

*本誌のお申し込み等は、下↓から
(まぐまぐ!)『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』


--
『レフティやすおのお茶でっせ』より転載
左利きってなんだ(17)快適左利きライフ入門(4)-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第495号
--
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『アピール:左利き-「矯正」... | トップ | 左利きの女優・剛力彩芽さん... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。