眼鏡を掛けて左手を見る

左手のための文書

左手のための

2016-10-18 20:01:19 | 日記
私には一生弾かないだろうなと思うピアノ曲がある。それはショパンの『革命のエチュード』だ。タイトルに負けずカッコよくて心を打つメロディーである。そしてこれは左手のための練習曲としても知られる。左手が右往左往する曲だからだ。近所の家からこの曲が流れてきたら誰もが聞き耳を立ててしまうだろう。この曲をレパートリーとして習得することは、高級なスポーツカーを所有するようなものだ。しかし速くてカッコイイものが良いと思わない私は弾く気にならないわけだ。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本物か偽物か | トップ | 片腕の料理人 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。