眼鏡を掛けて左手を見る

左手のための文書

本物か偽物か

2016-10-17 22:20:39 | 日記
今年の五月に電子ピアノを買った。YAMAHAのARIUSという機種だ。色々と性能にこだわる人にとってはかなりの安物だろうけど、悪くないと思っている。鍵盤の見た目やキーの重さがいかにもヤマハらしかったのでこれを選んだ。ヤマハが作っているのだから当然であるが、店頭にあった他の機種は違うメーカーのように感じた。

クラシックを弾いて育った人間はアコースティックのピアノと電子ピアノを、本物と偽物というように分けがちかも知れない。私もそうである。鍵盤だけは19世紀的な「本物」っぽさを求めた。我ながらとても滑稽である。

現代ではイヤホン、テレビ、映画館などの大きなスピーカーなど、楽器以外の媒体から音が発生するのはもはや当たり前である。そしてそれぞれの音に感動した人間はきっと大勢いる。アコースティックな楽器の振動に共鳴するという感動は言葉にしようがないが、音楽の本質はそれとは別なのだろう。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 左手のための »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。