てんねん寄せ植え倶楽部

日常生活のうさを忘れて、ぼーっと過ごす時間。ぬるい空気に浸りながら、思ったり写真に撮ったりしたことなどなど&夢の記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

赤い侵略者

2006-05-24 23:56:04 | 花・草木


 
 うちの近所ではそろそろ終わりになりかかってきました…ナガミヒナゲシです。
 風にゆらゆら揺れる姿が可憐なお花。かわいいです…が。

 数年前、初めて見かけたときは10センチに満たない丈で、花の大きさも2センチくらいでした。で、歩道の際にぽつんと咲いていて、とってもけなげな感じでした。うーん、これ、なんて花かなあ、かわいいなあ、と思っていて、次の年になったら、わわわわ~っ!という感じで増えていました。背の高さも10センチどころじゃなくて。大きいのは30から50センチくらいまで伸びてたかな。
 それから毎年毎年、増える増える。
 だけどまた、集団で咲いてる姿もきれいだったりして。





 お花畑みたいですね。
 よく見ると、大きいのと小さいのが混ざって咲いてたりします。
 同じお花? と思うくらい大きさが違うし、小さいのは花びらの形も細長かったりして。
 環境の悪いところでは、矮小化してもとにかく花を咲かせて実を付ける…という、すごい生命力です。

 知り合いの人が「かわいいのでうちのお庭に欲しいわ~」とその辺に生えていたのを移植してみたけどつかなかった…といっていましたが、もし根付いたら…来年のお庭は大変なことになるのでは? 一面オレンジ色の花がさざめいてる…うーん、まあ、それはそれできれいかも。

 繁殖力は旺盛ですが、他のものを枯らしてまでという感じは今のところしません。だから、侵略者、というのはちょっと可哀想かな。

 うちのベランダでは、去年母が近所で咲いてたのを移植したんですけど、やっぱり根付かなくて。なのに、なぜか、植えたのと違う場所から生えてきました。




 
 葉っぱが良く茂ってて、栄養状態いいみたい。横にスズランが植えてあったんですが、これは完全に負けてしまったようです。スズラン、咲かないどころか枯れてしまった模様。
 ベランダで咲いてわかったんですが、この花は一日で散ってしまいます。でも、次から次から開くので、毎日一輪の赤い花。




 
 ゴムの木の鉢植えの中から芽が出てきたのは、栄養が少なかったのか、背丈が数センチ。でもちゃ~んと蕾が出来て花が咲きました。





 散歩コースの途中では、いろんなところから生えています。
 石垣の隙間から、カタバミに混じって。





 まるで、誰かが植えたみたい…な感じで咲いてたりもします。


    
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好きな街 | トップ | 清楚で可憐 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
師匠の教へ6 (東洋亭パーツ館)
 久しぶりにデジタルマクロごっこ。 といっても、撮影したのは4月中旬。 そろそろ