暇つぶしに・・・

絵を描いたり写真を撮ったり。

もうすぐハロウィン

2015-10-11 | イラスト
これは去年の今ごろ描いてた絵です。

人骨を集めて人間を作った僧侶の話の挿絵を練習してました。






橋の欄干、かたむいてるね。




一年ぶりに出してみたら、書道の半紙に書いたんでシワだらけになってる。


この記事をはてなブックマークに追加

小泉八雲

2015-10-11 | 似顔絵
文豪の陰に猫あり (ヘミングウエイ、夏目漱石)
ハーンの蔭に河童あり。


この記事をはてなブックマークに追加

ススキの夢

2015-10-09 | スケッチ
今朝5時ごろの空。名残の月が出ていました。

ちょっとここで物語り。。。

語り手はススキです。


なぁ、お月さん。そんなに高いところにいたら、さぞや世界がよく見えるんだろうねぇ。
世界ってのはそんなに広いのか?

オイラ、初めて世界を見た時、なんて小さいんだって思ったんだけどなぁ。それを言ったら野良猫に笑われたよ。
あんた、世界を見たことなんてないんだろってね。
いやぁ、大当たりだ。オイラがみたのはどこかの誰かがここに捨てていった世界地図さ。

だけど猫はいいよなぁ。行きたいところに好きかってにいけるんだからなぁ。
お月さん、あんたも空を旅してるんだろ。
うらやましいよ。
なぁ、お月さん、頼みがあるんだ。また夜になってここに戻ってきたら、土産話にあの山の向うにある世界の話を聞かせてくれないか。
楽しみに待ってるよ。









この記事をはてなブックマークに追加

チャコの日記

2015-10-06 | イラスト
今日、トンボを見た。

何だか凄く機嫌が悪いトンボだった。

どうしたの?って聞いたらトンボが言った。


「今ごろの季節、どいつもこいつも、俺の顔みりゃ、『秋が来た』っていうけど、
俺は秋じゃねェ! トンボだ。
おい、ちびすけ。
分かったら連中にそう伝えろ!」







この記事をはてなブックマークに追加

デートコースの定番は?

2015-10-05 | gooのお題
お題「あなたのデートコースの定番は?」に参加中!
若い頃は、振られてばかりだったからねぇ。
デートまでこぎつけなかった。
今の主人とのデートコースなら、警官(サンフランシスコの警官)だったから彼のパトロールエリアがデートコースの定番です。

下記のURLもわたしのブログです。
サンフランシスコの写真エッセーです。よろしければお立ち寄りください。


http://www4.hp-ez.com/hp/leeaoi/page5/2




この記事をはてなブックマークに追加

絵 描かなきゃ

2015-10-04 | イラスト
2か月ほど前、絵本の絵を描くお仕事をいただきました。

現在、締め切りに間に合うよう頑張って描いてます。

作家さんから あまり漫画っぽくない絵柄で、という要望なので一枚仕上げるのに時間がかかります。椅子に座り続けていると足と腰に良くないから、30分に一回は寝転がってます。


ドーナツくいてぇ、なんて思いながらヴィニーちゃん(主人が作ったキャットキッド)のカブってるヘルメット見てたらこんな絵、浮かびました。

ドーナツ誘拐事件。
犯人はヘルメット。







この記事をはてなブックマークに追加

名曲だと思うアニメソング

2015-10-04 | gooのお題
いい曲がたくさんあって一つに決めずらいですが、ぱっと浮かんだのがこれ。
マンガも大好きでした。





この記事をはてなブックマークに追加

ストレスだらけ

2015-10-04 | 介護・愚痴・怒
2年前、私の母(82歳)は認知症と診断され、週3回デイサービスのお世話になっています。

母は昔からパーソナリティー障害みたいなところがあったから、認知症と診断されたからって特に家族はショックじゃないんだけどね。

一番頭に来たのは、ご飯を作ってもらえなかったこと。食い物の恨みは怖いよ。でも虐待とは違うからね。要するに、お嬢様育ちじゃないんだけどお嬢様みたいなタイプで 炊事洗濯 やればできるのに、体が弱いわけでもないのに、体が弱いとか都合のいい理由付けて何もしないタイプ。

どうしてご飯作らないの!と喧嘩腰で私が母に言うと、父がでてきて
「お前は親に説教するつもりか」といっておこるものね。

理不尽だ! 理不尽だ! 何故 どうして私が責められるの? と???マークだらけの子供時代、青春時代 過ごしてきました。


母親のことを考えると、愚痴と悪口ばかり言いたくなってしまうので、そういう話はここではほどほどにしておきますが。

それで最近 なんとなく思うんだけど、神様というのはおバカが好きなのかな?
馬鹿ってある意味 純粋だものね。

 例えばね、

こういうことをすれば、あるいは言えば相手が傷つくだろうと思ってそういうことをする人は悪質ね。そういうタイプは馬鹿じゃなくて可なり賢い人。ずるがしこいと言ったほうがいいかな。
でも、本物の馬鹿は、自分が発した言葉や態度で相手がどう感じるかなんて全くわかっちゃいないのよ。相手を傷つける意図など全くなしってことでしょ。だから神様からみたら、おバカには悪意がない、純粋な人間 ということになっちゃうわけね。

妙な理屈だけど、私の母を見てたらそうとしか思えないもの。
絶対、私の母は神様に守られてるよ。

最近は母のことを悪く言ったりするとこちらに悪いことが起こるものね。

だからもう母にはあまり深くかかわる事は止めたの。何から何まで面倒見てたら ムカつくことばかりで、きつい言葉を言ってしまうし、そうすると 天罰が下るのは母じゃなくて私の方だものね。そんなの、あほらしいでしょ。

母の話はこれくらいにして、こんどは父の事。

今日は日曜日。
秋晴れの爽やかな朝です。

母を散歩に誘ったのよ。そしたら横にいた父、曰く。
「デイサービスの方で そういうことはやってるから、お前がつれて行かんでもいい!」だって。

その理由は;

本人が行きたくもない場所へいって、ここはきれいな風景だから感動しろ とか、ここは楽しいところだから笑えとか、そんなふうに相手から強制されても楽しいはずない。かえって脳にストレスがたまって良くない。ストレス解消のためには本人が好きなことや いってみたいとか、やってみたいとか思うことをしなければダメだ。


わたしは、去年まではたまに母を散歩に連れて行ったけど、ここで感動しろとか、ここで笑えとか無理強いしたことは一度もないよ。


で、そのあと、父と母の会話を聞いてたら、
「今日は庭の草取りをするから、おまえ(母の事)も手伝え。家でじっとしてるよりは外にいたほうが気分転換になっていいだろ」って母にいってたよ。
これには呆れた!

これ強制でしょ?

父も認知症始まってる??


そういえば、父って、誰かに旅行とか誘われても、飲み屋にいこうというお誘い以外、全部断ってたよね。
仕事が忙しいとか お金がないとかそんな理由付けてね。

だから現在、友達いないよ。
電話もないし、訪ねても来ないし。
7月ごろ、入院したんだけど、家族以外誰も見舞いに来なかった。

下の写真は 散歩途中で見つけた庚申堂。中に 見ざる言わざる聞かざるの三猿がいました。

思うんだけど、この三猿のいわれ、
長い人生、見ざる、言わざる、聞かざる という態度で人と接してきたら、結局 最後には誰からも相手にされず、老後はさびしい人生になりますよという警告じゃないかと。。。

父を見てたら そう思いました。




早い話、父はひねくれ者ね。

インターネットの悩み事相談を見たら、家と似たような悩みを抱えている人 多いね。
最近は、年のせいなのか病気のせいなのか、若干 後ろ向きな考え方になってしまって、何もかも自分にあたえられた運命なんだから仕方ない と思うようになってしまった。

因果は巡るって本当にあるよ。

私の主人(アメリカ人)も義理の父から虐待されて、其れから逃げ出す為に、高校を2年で卒業{中退じゃなくて2年間で3年分の勉強をして卒業試験にパス)そのあと 軍隊に入りベトナム戦争へ行きました。
私の次男坊の嫁さんも 母親から虐待されて 半年ほどシェルターに避難してたとか。

親子縁の薄いのが 家には集まってくるみたい。

それから モット不思議な現象があるんだけど。私の叔母(母の姉)と父は犬猿の中。私は子供のころから二人の喧嘩、罵り合い、取っ組み合いのけんかを見てきました。叔母は15年くらい前に他界しましたが、数年前から、父の考え方や態度、やることなすこといろんな面で 叔母そっくりになってきたの。

叔母が父に乗り移った??



叔母についてもっと不思議なはなし。
私は母よりも叔母のほうが大好きでした。いろんなところへ連れて行ってくれたし、買ってくれたし、ごはんも作ってくれたし。
私には母はいるけれど、母親らしいことをしてくれたのは叔母です。
わたしは叔母のことを「おばちゃん」と呼んでいました。

今、次男坊の嫁が 私のことを「おかあさん」と呼ばずに「おばちゃん」といいます。

人前では「おかあさん」というので、その辺の分別は付けられる嫁なので 家で「おばちゃん」と呼ぶ事に対してどうこういうつもりはないですが、ちょっと不思議というか不気味というか。

私の父は次男の嫁が大嫌いです。
嫁は最近、こんなことを言いました。
「おじいさんのそばに行くと変なにおいがするね。クレゾールかクレオソートのような臭いがするよ」

私の叔母も、生前、部屋の掃除をするときにクレゾールを使っていたので すごく臭かったです。


主人にそういう話をしたら「それがカルマだ」っていってました。

今日は愚痴日記、最後まで読んでくれてありがとう。













 

この記事をはてなブックマークに追加