暇つぶしに・・・

絵を描いたり写真を撮ったり。

認知症患者の治療、拒否

2016-10-18 | 休憩室
私の母、認知症。要介護2です。
この頃、トイレに行く回数が異常に多いので泌尿器科でみてもらったら特に異常なし。過活動膀胱でしょう、ということで、膀胱の容量を増やす薬をもらいました。
でも治るどころかますますひどくなって、夜どおし、寒いトイレにこもって出てこない。
こっちまで睡眠不足になるし、どうしたもんじゃろのぉと思ってたら、
母が世話になっているディサービスのほうから、「お母さんは子宮脱です。一度、産婦人科でみてもらってください」といわれました。

ああ、それで膀胱が圧迫されてトイレに行きたがるのか、と納得。
産婦人科に電話しました。

最初に電話したところは、認知症の患者はみません、と断られました。断った理由が、認知症患者は暴れるから。
うちの母は暴れませんよ、といっても信じてもらえなかった。

2件目は女性の付き添いがいなければ無理だとか何とか、結局認知症の患者は来るなってことね。
3件目は以前にもこのブログに書いた県病院。紹介状がないと無理だとかぐじゃぐじゃ要領を得ない話。
4件目でやっと当たり。この病院で子宮を支えるリングを入れてもらいました。
でも、ちょっと疑問。ネットで調べたらリングって定期的に交換するもんなんでしょ。この病院の先生何にも言わなかったけど。
次はいつ頃来なさいとか、そんな話何もなかったよ。そんなんでいいのかな。

今回は産婦人科の先生に治療を断られたけど、他の医者(例えば歯医者、耳鼻咽喉科、整形、などなど)も認知症お断りってとこあるのかな。あるだろうね。


認知症患者専用の総合病院、作ってよ!

 







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巴里のアメリカ人 | トップ | ヒラリー、トランプ練習中 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています