暇つぶしに・・・

絵を描いたり写真を撮ったり。

癌の父とその家族

2017-09-25 | 介護・愚痴・怒
  数年前、「お前みたいな気違いは出ていけ!」って父から言われました。何が原因で喧嘩したのか忘れちゃったけど、「気違い」って言われたことだけは頭にこびりついて忘れない。
その時に、「年取って自分で何もできなくなったらどうするの?」って父に言いました。そしたら
「お前の世話にはならん。年取っても困らんようにしてある」って返事が返ってきた。でも、父の言った「困らんようにしてある」というのは、高齢になっても大きな病気もせず認知症にもならず入院もせず、ある日ぽっくり自宅で死んだ場合の話ね。

実際、今は、言い出したらきりがないくらい困ることばっかりです。
いまさら言っても仕方ないけど、がん保険、入っておけばよかった。
それからもうひとつ、当たり前だけどすごく大事なこと。

人間必ず死ぬからね、「老いては子に従え」ですよ。
後期高齢者になったら誰が自分の世話をするのか考えなきゃいかんよ。家の父みたいに「何でも自分でできる、自分の考えが一番正しい、子供には世話にならん」というスタイルを持続するととんでもないことになります。本人よりも家族が困ります。
でもね、こういう性格が今更治るわけもないしね。
だから、父に「これ、どうしよう」と相談するのは時間の無駄。
今は「これはこうしたからね」と事後承諾で事を運んでます。


そういえば、去年、父がこんなこと言ってました。

「入院も延命治療もやらんぞ。癌は痛くないらしいから、わしはがんで死ぬ」
 こういうあほなことを言ってるから本当に癌になちゃったんでしょ。病気を甘く見るなって神様が怒ってるよ。しっかり延命治療やってるじゃないか。
「こんなに痛いとは思わなかった」だって。いまさらわかっても遅すぎるよ。



ところで、父が突然認知症みたいになってしまったのは抗がん剤の影響だろうね。医者は副作用の比較的少ない抗がん剤を使いますというだけで、こういう副作用が出る場合もあるって一言も説明なかったけど。
ネットで調べたらいろいろ出てきた。ネットのQ&Aは同じような質問と回答ばかりだね。あれ、お金もらって質問と回答を書いてる人がいるんでしょ。
在宅ワークみたいなとこで そういう案件があったよ。

その中に「医者は副作用についてはあまり話しません」という回答があった。


ネット上で末期がんの記事を読んで強く思ったこと。

「安楽死」を認めよ!

犯罪者の死刑は認められてるのに、どうして痛みで苦しんでる善良な市民の安楽死はダメなの?
死刑で死ぬときは癌の末期患者のような苦しみはないんでしょ。悪いことしたのに苦しまずに死ぬってどうよ。


暗いことばかり考えてるとますます悪運に取りつかれそうだから、気分転換にブックオフに行った。
この本、見つけたよ。

父の医療費がかさむから、まずは食費 節約しなきゃ。貧乏神様もそういってました。家族三人猫二匹一か月ニ万でやってみよ!
ドラッグストアで売ってる鯖缶は100円で買えるからこれいいかも。
すでに調理してある缶詰めは電気ガス水道代の節約にもなるし、健康にもいいっていうんだから貧乏人にはありがたい食材です。






今夜はこれ作る。












『介護』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 癌でした | トップ | だまし絵模写 »
最近の画像もっと見る

介護・愚痴・怒」カテゴリの最新記事