小さなあずかりモノ

日々の歩みを拙い文章と写真ですが記してみることにしました。


儚いいのちの花

2017年06月28日 | 季節の草花
「朝顔」も「昼顔」も一日を咲き通せない儚い命の花ですが・・・
そんな短い命をこんなにも、美しく希望がもてるような素敵な笑顔で感謝!!



「朝顔」や「昼顔」に出会うと梅雨明けの」暑い夏」がそこまで来ている
ことを教えてくれている気がします。

近くの小学校で「アサガオ」観察の隣に「ミニトマト」の鉢にトマトの可愛い花が
咲いていましたが、熟れたらお昼の給食に上がるのでしょうか?
楽しいでしょうね!! 子供たちの笑顔が目に浮かびますネ。
ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
« 言葉にならない祈り | トップ | 水辺のうるおい »