小さなあずかりモノ

日々の歩みを拙い文章と写真ですが記してみることにしました。

学友のお見舞い

2017年01月25日 | 日々の綴り

朝から澄み切った青空が広がっています。
今日は、入院中の学友のお見舞いに出かけて参りました。
私も、この大学病院にお世話になっております(^^)

車を走らせると自宅から見える富士の頂がドンドン大きくなって参ります。
頂きに綿帽子をかぶった見事な富士の冬景色を車窓から眺めながら到着しました。



伊勢原市に在る「東海大学附属病院」は周囲を田畑に囲まれた自然豊かな場所に建っております。14階建ての病院は、クランケの皆さまには心休まる風景だと思います。
病院入口のリラックス出来る、休憩コーナーで先ずは温かいティーを一杯!!



友人は、最近では食欲も出たそうで、その為かお顔の色もよく、お喋りにも力を感じました。お目にかかれて本当に嬉しく思いました。
拙い私の「ブログ」を見てくだっているようで、少し恥ずかしく思いますが、励みになります。家事と仕事の合間に書く上に気ままな私のこと続くか心配ですが、楽しんで書いております。どうぞお大事にされて一日も早いご快復をお祈り致しております。



路地の「ホトケノザ」や「ロウバイ」が綺麗な空気の下で咲く所為か、可憐で美しく感じました。桜の季節には退院されて皆さんとお花見も素敵ですね。



明日が今日より少しでも楽だと良いのですが!! 

ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
« 柔らかな表情 | トップ | 兄は右手を挙げ助けを求め »