小さなあずかりモノ

日々の歩みを拙い文章と写真ですが記してみることにしました。

初春の香りを再び

2017年05月14日 | 日々の綴り

すっかりご無沙汰をしております。
季節は移ろい「鯉のぼり」の姿も見かけなくなりました。
春先に花を咲かせた「蕗」
手作りの「フキノトウ味噌」のその香りはお口いっぱいに広がり
初春の我が家の食卓を豊かにしてくれました。



そんな香りも脳裏に残る中で今日は、学友から「蕗のピール」が届きました。
彼女からのメモ書きには「蕗のきんぴら」を作ってみましたと書いてありましたが
和の香りと洋の歯ごたえがまさに「フキピール」のようでもあります。
とても美味しく緑茶にも紅茶に言え、コーヒーにも合いますね。
早速賞味させて頂きました。美味しいね!!



時間を大切にそして上手に使われる彼女を見習いたいものです。
彼女の健康が今日も支えられますように・・・
器:ノリタケ(オーチャードガーデン)

※少し忙しくしていますが蕗の写真を近々撮影出来たらいいなぁ

ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
« 春の銀杏の葉色 | トップ | 目に優しい青モミジ »