超強力レーザーポインター

購入するためにクリック;小型、超強力100mWのグリーンレーザーポインター最強

織田裕二ドラマ『IQ246華麗なる事件簿』第6話 ネタバレ

2016-12-07 12:56:16 | レーザーポインター
織田裕二主演ドラマ『IQ246華麗なる事件簿』の第6話は11月20日(日)夜9時放送です【華麗なる事件簿 動画】 。
 18-6a
貴族の末裔(まつえい)で学問・知識を追求してきた法門寺家の89代目当主・沙羅駆(しゃらく)が、難事件を華麗に解決する本格ミステリードラマ。
18-6b

IQ246という超遺伝頭脳を持ち【華麗なる事件簿 感想】、自らが解くに値する“美しい事件”を求めてさすらう主人公の沙羅駆を、TBS系連続ドラマで主演を務めるのは9年ぶりとなる織田裕二が演じる。
沙羅駆の護衛を突然任される刑事・和藤奏子を土屋太鳳、法門寺家に仕える執事・賢正をディーン・フジオカ、変わり者の法医学専門医監察医・森本朋美を中谷美紀が演じるなど、多彩で魅力的な顔ぶれが脇を固める。
18-6c

お金も【華麗なる事件簿 視聴率】、恨まれる事も無い“殺す価値の無い遺体”が発見され、それに興味を持った沙羅駆(織田裕二)は護衛係の奏子(土屋太鳳)、執事の賢正(ディーン・フジオカ)とともに出かけていく。調べを進める中で、世に才能を認められない画家の壮一(平岳大)に辿り着く。しかし、沙羅駆の不穏な予言どおり、壮一の周りで次々と殺人事件が連鎖して起こっていく…。自分の才能と葛藤し、終いにはお金に転んでしまう画家の悲しい結末とは。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラブラブエイリアン - フジテ... | トップ | 『THE LAST COP』が「トイ・... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。