八ヶ岳の設計事務所 アトリエリーフの『たてものブログ』

八ヶ岳での家づくりや暮らしの話題を中心に、あれこれ綴っています。

潔い住まい 完成

2015-11-14 | 住まい

先月竣工した 「茅野K邸」。 アトリエリーフのHPの 「WORKS」 に掲載していますので、概要はそちらをご覧頂くとして、ここではそれ以外の見どころや設計の工夫をいくつかご紹介します。

外壁はサイディング、窓はアルミと樹脂の複合サッシで、素材やサイズに 『特別なもの』 はありません。

でも、建物高さはサイディングを縦にちょうど2枚使い切る無駄のない寸法とし、サイディングはその色味や柄を吟味することで、シンプルだけど深みのある外観になっています。 また窓については、左右非対称の引違い窓(網戸は幅の狭い方に設置)の採用で、より開放感と眺望を楽しめるようにするなど、『ありきたりではない工夫』 があります。

(↑)個人的なお気に入りはこの場所。 これは2階南東の 「フリースペース」 という名の小さなコーナー。

文字通り、用途は特に決めていない自由な場所で、天井高さは低いところで1.7m余りしかありませんが、ロフト(小屋裏)などと同様の適度な “囲われ感” があり、洋室(寝室)に隣接していることでいろいろな使い方が出来そうです。 窓の眺めや光の差し込み方も、程よい感じです。

(↑)これは、ストーブ背面のレンガ壁で、古い窯を解体した際などに出る耐火レンガを再利用したもの。 風合いはそれぞれ唯一無二で、出来栄えは職人さんの感性と腕前にかかっています。

この家には規格品(量産品)も多く採用していますが、一方で要所にはレンガや珪藻土や無垢の板など、味わいのある “職人の手仕事” を取り入れているのです。

(↓)こちらは、階段途中の踊り場に設けられた小窓。 あえて足元に窓を設けることで踊り場は明るくなり、1階のダイニングキッチンからこんな景色を楽しむことができます。

もちろん、このような家づくりは設計者の独断で出来るものではありません。 

アトリエリーフの目指す家づくりに共感頂き、何事も迅速かつ的確に判断して頂いた施主様には、とても感謝しています! そして今後、この住まいをどのように使いこなしていかれるのか、大いに楽しみです!

それから、シンプル故に細かく面倒な施工ですが、丁寧に対応してくれた職人さん達に感謝・感謝です!

ブログを振り返ってみると、2012年の元日にこんな抱負を述べています。

「潔い住まいを作ろう!」 

小さくても狭苦しくない住まいを、 ローコストでも安っぽくない住まいを、

割り切るところは思いっきり割り切っても、素材と基本性能はケチらずに・・・

年月と共に味わいが、家族の成長と共に愛着が、増していくような・・・

使いやすく、居心地のいい 「潔い住まい」 を作りたいと思います。  ・・・願えば叶うかな?

 

あれから4年近く経ちましたが・・・ 願いは叶いました。

 

ジャンル:
住宅
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 現場ドライブ・秋 | トップ | 冬の飾り »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (茅野K邸の施主)
2015-11-16 23:56:25
東京の夏の暑さから逃れてクーラーのない生活を送りたい、と思い蓼科エリアに土地を購入したのが四年前。それからどんな家をたてるか、ログハウスやハウスメーカーなどいろいろ検討しました。

セカンド・ハウスなのであまり大きくない予算で、維持管理の観点からもあまり大きくない家を、そして外観はシンプルなデザインで内部はオープン・プラニングで家全体が一つの部屋のような家にしたい、というのが基本的な考えでした。

いろいろ調べていくうちに山梨県側の八ヶ岳に住む建築家の石田さんを知り、ちょうど一年前にご相談させていただいた次第です。

小さな家なのですが、狭い風除室を通って広いリビング・ダインイングへ、そして狭い階段・廊下を通って広い2階のフリースペース・洋室1へ、とアクセントのつけ方がとてもよいです。

また、風景きりとりの小窓は大成功だと思います。紅葉の頃は風景画を見ているようです。

デッキは、晴れた日にはリビング・ダイニングがもう一つあるようなもので、ここでコーヒーを飲んだり昼食を食べたりして楽しんでいます。

完成後実際に使ってみて、非常に設計のよい家だとあらためて思いました。

石田さん、考えていた以上の家をつくって頂きありがとうございます。今後の一層のご活躍をお祈りしています。
茅野K邸の施主さん (leaf)
2015-11-17 12:26:30
コメントありがとうございます。 とても気に入って頂き、嬉しく思っています。
これからは、『コンパクトにのびのび暮らす』 という設計コンセプトを、Kさんのライフスタイルでぜひ実践なさってみて下さい。
約1年がかりの家づくりでしたが、私にとっては苦労よりも楽しさと満足感のある現場でした。
ありがとうございました!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。