八ヶ岳の設計事務所 アトリエリーフの『たてものブログ』

八ヶ岳での家づくりや暮らしの話題を中心に、あれこれ綴っています。

流行りの風景

2015-06-01 | 暮らし

田んぼにも水が入り、田植えの季節となりました。

何てことはない山麓の春の風景ですが、冬枯れの季節とは違って生命力あふれる緑豊かな風景は、やはりいいものです。

でも、最近よく見かける山麓の風景はこんな感じ(↓)。山梨でも急増中のメガソーラー。 原発に頼らない暮らしにはおそらく必須で、音もしないし見通しや風通しも大して悪くはならない。デザインや色調も概ね統一されていて、『ハイテクでスマートな新風景』 と言えるのかもしれません。 

テニスコート・駐車場の跡地・耕作放棄地など、既に空地で放置されている土地の活用方法としては、確かにかなり有益だと思います。 でも、次々と山林を切り拓いて大規模かつ無秩序に増殖させていくのはどうでしょう・・・?

その影響が無いはずはなく、保水や防風や光合成といった、これまで自然が担ってきた重要な役割りは、残念ながらソーラーパネルでは果たせない。 自然エネルギーの活用を謳いながら、自然を消滅させてしまっては本末転倒というもの。 

そもそも、エネルギーと環境は別々に答えを出せばいいという話ではなく、長期的な視点で、全体としてバランスをとるべき 「難問」 だと思うのですが・・・ 。

季節感も人の気配もない “パネルの波” は、金儲けとしての魅力が薄れない限り、今後も増えてゆくのでしょう。 自然との引き換えに歯止めを掛ける法令の整備が急務です。

ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
« 山梨県庁別館 | トップ | サイン »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。