八ヶ岳の設計事務所 アトリエリーフの『たてものブログ』

八ヶ岳での家づくりや暮らしの話題を中心に、あれこれ綴っています。

サイン

2015-06-20 | デザイン

標識や看板といったいわゆる 「サイン」 の類は、見過ごされては意味がないけど、かといって目立てば何でもありかといえばそんなこともない、なかなか難しいもの。

ふと周りを見回してみると、身近なところにも結構 「どうなの?」 と思うサインがあったりします。

↑これは、近くの交差点にある看板群。 色も文字もデザインもバラバラ・・・ なのに、矢印が指す方向は見事に同じという不思議さ。 個々に看板を出した結果ですが、矢印をまとめれば統一感が生まれ、広告スペースも増えて一石二鳥のはず。 整理できないものかな~ 。

↑こちらは長坂IC入口の交差点で、信号機の足元に柵を立て、その1本1本を黄色く色分けして文字にしたもの。 ちょっと分かり難いかもしれませんが、書いてあるのは 「一流の田舎まち」。 これ実は、北杜市が設置したそうです。 

でも残念ながら、『一流』 とは自ら名乗るものではなく、そうなることを目指したり、周りから評されるもの・・・ ですよね? それに、果たしてこれは景観上、プラスに働いているの??

インターネットには情報が溢れ、住所を打ち込めば、航空写真やストリートビューまで出てくるご時世。 サインのあり方も、そろそろ見直す時期なのかもしれませんね・・・ 「一流の田舎まち」 になるために。

『山梨県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 流行りの風景 | トップ | 梅雨明け »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。