八ヶ岳の設計事務所 アトリエリーフの『たてものブログ』

八ヶ岳での家づくりや暮らしの話題を中心に、あれこれ綴っています。

収納力

2013-07-02 | 住まい

今回は、アトリエリーフHPの建築コラムと共通のテーマ、「収納」 についてです。 収納の設計手法については、設計コラムで紹介していますので、ぜひ一度ご覧下さい。

設計する際、収納は重要なポイントのひとつです。 果たして何処に、どのようなタイプの収納を、どの程度用意すべきなのか・・・ たっぷりあるのに越したことはないのですが、コストや床面積といった制約もありますし、むやみに大きくしても結局うまく使えない 「無用の長物」 や 「開かずの間」 になりかねない・・・ なかなか悩ましい問題です。

ここで、ひとつの事例をご紹介。

01syunou イメージスケッチ

ある御宅では奥さんがご自分で、キッチン収納のイメージスケッチをお書きになりました。 具体的に、「どれぐらいのサイズや量の、何を、どこに納めるか」 を当てはめながら・・・ そしてそれらを、「どのように取り出して使うのか」 をイメージして・・・。

ちなみに、施主さんは設計の心得は全くなく、3次元(立体)で物ごとを考えるのは 「超苦手~!」 だそうです。 でも実はこの、『施主さんが、ご自身のこととして、一生懸命考える』 ということがとても大事で、オリジナルの家づくりの醍醐味でもあるのです! (もちろん、そのためのベースとなるプランを提案したり、施主さんのご希望を設計図に “翻訳” するのは我々の仕事です。)

Syunou02 スッキリ~♪

Syunou03 じゃ~ん!

こうして出来たものはもちろん使い易く、無理や無駄のない、「施主さんのイメージ通り」 の収納になりました。

収納量の確保も大事ですが、まずは、収納するモノ・収納方法・使い勝手などを考える力 = 「収納力」 を磨いてみるのは、いかがでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ほぼ満載 | トップ | アレルギー »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。