八ヶ岳の設計事務所 アトリエリーフの『たてものブログ』

八ヶ岳での家づくりや暮らしの話題を中心に、あれこれ綴っています。

御宅訪問

2016-06-20 | 住まい

昨秋竣工した茅野K邸に、先月お邪魔してきたのでご紹介します。

 LDK 竣工時

(↑)リビングは家具が入って写真のような雰囲気に。 カーテンを閉じればさらに落ち着いた雰囲気になり、夜はゆったりとした時間を過ごせそうです。 

この御宅には、一般的な天井に据え付けるタイプの照明(シーリングライト)はありません。 リビングダイニングは天井両脇の間接照明のみ、洋室(寝室)は照明無し。居室以外はダウンライト等の必要最小限のものに限定。さらに、屋外照明は無し、という徹底したもの。 これらは施主さんのこだわりで、竣工後に床置きタイプの照明をいくつか購入されるというお話でした。

今回は、その“完成形”を拝見するのが一番の楽しみでしたが、各部屋の性格を活かすように吟味された照明は、主張し過ぎない絶妙のバランスで空間と調和していてお見事です。

 洋室 竣工時

(↑)2階の洋室(寝室)の様子。

照明はコーナー上部と足元を柔らかく照らす間接光のみで、ホテルの一室のような雰囲気。 

 フリースペース 竣工時

(↑)寝室の隣の「フリースペース」は、書斎としてお使いになっています。

これは仕事がはかどりそう・・・ いや、これでは景色に目を奪われて、仕事が手につかないかも(笑)。

 新緑のデッキ

 時計もいい感じ

カラマツストーブは、ひと冬使って少し貫禄が出てきました。後ろの壁も乾燥して 「白古(しろふる)レンガ」 らしい色合いに。 ストーブは、直ぐに着火できて操作も簡単で、とても暖かいとのこと。 冬は厳しい寒さの蓼科ですが、快適に暮らせているそうで安心しました。

『家は、人が住むことでようやく形になり、魅力が増すもの』 なのだと改めて感じました。

施主さんには、間接照明の増設や薪小屋・倉庫の新設といった構想が、既にいろいろとあるようですので、いずれまた、それらの対応にお邪魔するのが楽しみです。

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 野鳥スナップ | トップ | 街角の名店(珈琲専門店 ダン) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。