八ヶ岳の設計事務所 アトリエリーフの『たてものブログ』

八ヶ岳での家づくりや暮らしの話題を中心に、あれこれ綴っています。

街の賑わい

2012-11-22 | たてもの

JR竜王駅が新しくなって、もう4年以上。少し前ですが、山梨日日新聞に竜王駅周辺整備に関する記事がありました。駅舎の設計は、世界的建築家として有名な安藤忠雄さんで、甲斐市のビッグプロジェクトだったはずですが、記事の見出しは、“ 「にぎわい創出」肩すかし ” というもの・・・ 実際は思い描いていたような「街づくりの核」とはならず、乗車人数は駅舎完成前よりも減少したそうです。

その現状をこの目で確かめようと思い、先日はじめて、新しくなった竜王駅を見に行きました。

Ryuou001 駅前ロータリー

写真の通り、最近の安藤氏らしい手法の、明解でダイナミックな造形の駅舎は確かに新鮮ですが、そのモノトーンの威容が逆に、駅前の閑散とした雰囲気を強調する結果となってしまっているようです。

記事によれば、「以前の駅周辺には喫茶店やラーメン屋も並び、小さくても人情味があった」とのこと。なるほど、いくら「通過するためのモノ」が整備されても「集う場所や理由」が無ければ、人がいなくなるのは当たり前・・・ 建築家のネームバリューだけが頼りの街づくりだったのでしょうか・・・?

Ryuou002 南北自由通路

その街の歴史や潜在的な魅力を汲み取り、時代のニーズを取り入れ、『街の身の丈』 に合った整備計画を提案するような、「街づくりのプロ」 がプロデュースすれば、予算の使い道も整備内容も、もっと良くなったはず・・・ と悔やまれる事例です。 でも、本当は行政が先頭に立って、そんな街づくりを心掛けなければならないのでしょうが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 柔らかな光 | トップ | よってけし »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。