八ヶ岳の設計事務所 アトリエリーフの『たてものブログ』

八ヶ岳での家づくりや暮らしの話題を中心に、あれこれ綴っています。

小淵沢駅

2017-07-21 | たてもの

息子をJR小淵沢駅まで送る用があったので、7月3日に開業したばかりの新駅舎を見学してきました。

新聞記事によれば、「八ヶ岳の玄関口」である駅舎の外観は、山岳風景と清流をイメージしたデザインとのこと(デザイン監修は建築家の北川原温さん)。 また、眺望が自慢の駅舎で、JR東日本が進める環境に配慮した「エコステ」モデル駅(太陽光発電・太陽熱給湯を採用)は、県内初だそうです。

(↓)外観はこんな感じ。 “山岳風景と清流” のイメージというより、タンカーのような大きな “鉄の箱” が宙に浮いているよう・・・?

大きく変わったのは、駅前ロータリー(現在、まだ工事中)などの交通動線と、エレベーターの設置やトイレの刷新による駅のバリアフリー化。 これで使い勝手は格段に向上し、ようやく特急の停車する主要駅にふさわしい駅舎になったと思います。 以前の 『いなかの駅舎』 の風情もなかなか捨て難いですが(笑)。

中身としては改札機能のほか、観光案内所や交流スペースや新ブランドの店舗といった個室が分散配置されていますが、個人的には改札も含め、一つの大きな空間の中にいくつかの施設やコーナーが点在するような、もっと明るくオープンな空間と明解で大らかな構成の方が、多くの観光客が行き交う “八ヶ岳の玄関口” にはふさわしい気がします。

(↑)また、窓に関しては “眺望が自慢の駅舎” であれば、こんな凝った構造(これは外観デザインを優先させたからでしょうが)ではなく、一枚板のガラス(なぜか待合室の窓(↓)はそうなっている)で、しかも横長のプロポーションの方が、雄大な山の景色を楽しむのに適していると思います。

 待合室の窓

他にも気になったのは、屋上に展望スペースがあるのですが、そこへはエレベータで行くことが出来ず、バリアフリーを謳っているのにどうなの??という点や、2階の窓や屋上からの眺めを売りにしているものの、絶景と言うにはちょっと・・・という点。 もちろん、景観の良し悪しは駅のせいではありませんが・・・。

 2階から八ヶ岳を望む

屋上から、(上)富士山 ・ (下)南アルプスを望む

それから、一般車の駐車スペースが十数台ですが、足りるのかな・・・? とまぁいろいろ書きましたが、新駅舎の誕生は周辺地域にとって大きな出来事です。 今後この駅が利用者にどう評価され、地域にどのような効果を生むのか・・・ 要注目です。

『山梨県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 北欧からの客人 | トップ | スツール »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。