八ヶ岳の設計事務所 アトリエリーフの『たてものブログ』

八ヶ岳での家づくりや暮らしの話題を中心に、あれこれ綴っています。

入江泰吉

2017-04-10 | カメラ・写真

フィルム写真の話題でもうひとつ。

私の好きな写真家で「入江泰吉(いりえたいきち)」という方がいます。 大判のフィルムカメラで奈良大和路を生涯撮り続けた写真家です。

東京ミッドタウンのフジフィルムスクエアで今年1月から写真展が開かれていて、私が東京に行った日はちょうどその最終日。ギリギリ間に合いました!

隣では、デジタルカメラのフォトコンテストの入賞作品展が華々しく開催されていて、決定的瞬間を捉えたデジタルらしい、鮮明で見事な写真が数多く並んでいました。

片やこちらはフィルム写真24点のこぢんまりとした展示。 「入江調」と称される色調を抑えた写真には、デジタルのような派手さはありません。でも、“すごい” ではなく “心地良い” と感じるのは入江氏の写真の方で、どれも味わい深く素晴らしい。改めてフィルム写真ならではの良さを感じました。 こんなことを書くと、「それは、あなたが年をとったせいでは?」 と突っ込まれそうですが、そんなことはありません。ただ、中学時代の趣味が“古寺巡礼”という、筋金入りの渋好みだというだけです(笑)。

あ、でも勿論デジタルにはデジタルの魅力やメリットがあり、私ももっと活用していきたいと思っています。

これは、昨年のクリスマスに私が家内に贈った入江氏の写真集。 カラー・モノクロ・風景・社寺・仏像・花など多岐に渡る、奈良大和路の魅力が満載の秀作で、また、じっくりと眺めてみたくなりました。 さっそく家内に借りなくては(笑)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 再生(ニューキャノネットQL17) | トップ | すみだ北斎美術館 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (茅野K邸施主)
2017-04-13 11:32:10
石田さんのブログは毎回楽しく読んでいます。「入江泰吉」をご紹介頂きありがとうございます。写真は見たような記憶がありましたが、写真家については今まで知りませんでした。この次奈良に行ったとき入江泰吉記念館を見にいかなくては...
茅野K邸の施主さん (leaf)
2017-04-13 21:02:43
コメントありがとうございます。いつもブログをご覧頂き嬉しく思っています。
記念館、ぜひ足を運んでみて下さい。新薬師寺はすぐ近くですし、周辺には有名どころの寺が点在しているので、散策するのも楽しいですね。若草山に登ってそれらを一望・・・なんてのもいいですよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。