八ヶ岳の設計事務所 アトリエリーフの『たてものブログ』

八ヶ岳での家づくりや暮らしの話題を中心に、あれこれ綴っています。

現場だより-素地の美

2011-11-30 | 住まい

南佐久Y邸の基礎ができました。全長約16mのその姿は、なかなか壮観です。これだけの規模のコンクリートを一気に施工するのは結構大変ですが、現場のがんばりで破綻なくきれいに仕上がっています。

01_2 南側

いつも思うことですが、建物は基礎とその上部の骨組みだけが出来上がった時(つまり上棟の時)が、最も美しい!・・・設計者の勝手な思い込みかもしれませんが、確かにそう思うのです。

まずは、その基礎が無事に出来たわけです。

02_2 東側

今回は、東西の高低差がかなりあり、1階の東側半分を駐車場として使うため、東側からの外観が特徴的です。何だか、半地下のコンクリート打ち放しの住宅みたいに見えませんか?

ふと、「これに屋根を載せて完成、でもいいかも・・・」と思ってしまう設計者は、少々変わり者でしょうか・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« CUCKOO(かっこう) | トップ | 8周年 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。