八ヶ岳の設計事務所 アトリエリーフの『たてものブログ』

八ヶ岳での家づくりや暮らしの話題を中心に、あれこれ綴っています。

半沢直樹

2013-10-25 | 暮らし

以前ブログで紹介した池井戸潤さんの本が、最近2本ドラマ化されました。 ひとつはNHKの「七つの会議」、そしてもうひとつは高視聴率を記録したTBSの「半沢直樹」です。

ご存じの方も多いと思いますが、「半沢直樹」は融資課の銀行マンが、銀行内の理不尽ともいえる様々な逆境に、洞察力と行動力と人間味で立ち向かい、見事大逆転するというもの。 けれど最終回は、主人公が関連会社へ出向(つまりは左遷)を命じられて終わるというまさかの結末! まぁでも考えてみれば、危ない橋を渡りつつ結構な騒ぎを起こして役員に土下座までさせちゃった訳で、上層部からみれば危険で厄介な存在か・・・ でもこれで終わりじゃちょっとなぁ・・・ という訳で、この続編 『ロスジェネの逆襲』 を俄然読んでみたくなりました。

Ikeido01

そう思った人は大勢いたようで、放送後しばらくは書店に行っても品切れ状態でしたが、最近ようやく手に入れました。 肝心の中身はというと、一気に読み切ってしまえる読みやすさと面白さ! そして何より今回は、“スッキリするエンディング” が用意されていました。

「倍返し」や「土下座」といった言葉だけが妙に持てはやされていますが、池井戸さんの原作にはどれも、「嘆いたり腐ったりする暇があるなら、本当に正しいと思える道を進むことに全力を尽くせ! 報われないこともあるけれど、諦めずに頑張れば世の中そんなに捨てたものじゃないよ、きっと・・・ 」 そんな前向きなメッセージが込められています。

続編のドラマ化(あるいは映画化?)、期待したいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 街の個性 | トップ | 設計自慢 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。