breath sounds 

最新入荷情報やリーフ生態調査隊の結果報告など盛り沢山です!!

 Super Black

2017-06-30 14:32:57 | 日記

 今年の地元(海部郡エリア)は、超絶不調でブログの更新も遅れ気味。

なんせ、Rが見れないうえに、見つけても手の出せない70cm以下のチビばっかり、

地元専門の自分としては、とても寂しい調査結果を強いられ泣かされています。

とにかく雨が降らないので水質が悪すぎ、、、

ついに、まとまった雨量が有ったので、そっこーで調査へ、、、

真夏前なのにアオコが出ていたエリアが、恵みの雨でアオコが薄まり、沈黙していたR達が活発に餌を追いかけている!!!

しかも、久々の80upがエサを探しながら岸沿いをふらふらと泳いでくるじゃないですか❢❣

間合いを計り、接近戦でスナプルを身体後方へ送り込み、着水と同時に背中から口先まで一気にジャーク、

鼻先まで来たら、反射的にズッボ、っと、吸い込みアタック!!!

久々にビックヘッドのヘッドシェイクの首振り感が、ロッドへゴンゴン伝わり、快感❣で、いちゃいそう(笑)

   

中部特有の四角い顔付に、高齢の斑紋が無いソリッドのスーパーブラック,ボディー、

厳しいエリアで生き抜いた貫録のある80upオス個体でした!!!  ア・リ・ガ・ト・サ・ン・デ-ス

   

   ヘッドの中央に深い溝が入る、必殺のツタンカーメンフェイス

   

年々厳しくなる中部エリアの河川ですが、ここ3年ぐらいで急激に悪化している。

数も型共に激減して、特に60cm前後の1~2歳魚が恐ろしく減った!

カバーのある池などはスレは激しいが、生息数は減っていないのに対して、河川のみが激減している。

自分も意味が解らなかったが、色々と気になり(外道のズーナマの反応が最近悪すぎなど)、

いくつかのR有名河川のポイントを夜に徘徊してみた。

そしたら、

夜中にナマズ狙いのアングラーが、すごい人数で攻めているではありませんか!

しかも、ポイント移動する度に、オデコにランプ付けたアングラーが、、あっこにも!そっちにも!次から次と

しかーも、ライギョが掛かっちゃった~、と大声で叫ぶアングラーが居て、

そこへ、集まってきた仲間が、噛みつかれるの嫌だし、触るのキモいから、糸切ったれ!!

そんなルアーくれてヤレ!と言ってラインをプチン。

 

その姿を見たとき答えが分かった。

確かに巷の釣り道具屋ではナマズ釣りが流行っており、各タックルや専用のランディングネットまで売られている。

海部郡の河川は殆どがコンクリート護岸でカバーが無いため、夜中でもプラグを引っ掛けることが少なく攻めやすい。

そして、ナマズとライギョは同じエリアでフィッシュイーターとして生息している。

雷魚は視力の高い魚だが、夜は全くダメで音を頼りに捕食しているため、

昼間のフロッグを簡単に見切ることができるが、夜のジッターバグは音だけが頼りなので簡単にアタックしてしまう。

しかも、サンデーアングラーも夜なら会社帰りに毎日登場することができ、名古屋市内に近いクリークほど痛みが激しい。

 

どうする事もできず、いずれ地元を見捨てて遠征するか、地元の更なる裏の裏の穴の穴ピンポイントを開拓するか!

今まで通りではあかん、先が見えた深夜のドライブでした。

ではまた、、、

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« !! 黒 蛇 !! | トップ |  成長株のNOBUkun »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。