breath sounds 

最新入荷情報やリーフ生態調査隊の結果報告など盛り沢山です!!

海部特有体型について、

2017-07-26 23:33:10 | 日記

海部郡のR体型についてのご質問が多く寄せられましたので、自分なりの見解を述べさせて頂きます。

先日のスネークヘッドコンペに、地元の体形とはかけ離れた、北陸地区体型のロングノーズの顔が長いRがプールに入って居た!?

聞いたところでは会場横の鵜戸川で釣り上げられたそうなのですが、

この体型について、どのように思われますか??? の、ご質問が数多く、

皆、Rに拘って居られるからこその質問ではありますが、

正直、自分はRの鑑定士でもありませんし、学者でもありません。ただのR好きなR釣り師です。

しかも、その魚を実際に見た訳ではありませんし、仮にDNA鑑定しても産地を特定することは不可能だと思います。

 

少し前の釣り雑誌ですが、ちょうど鵜戸川で釣り上げられたRの画像がありましたので、参考画像として見てください。

 

この個体も頭が大きく鼻先短い、海部特有体型の典型的なR、上からの映像が無いが上からみると頭部は四角形に近い。

この個体も鼻先は短く、四角形に近い頭部である。眼球の吐出量も海部特有な部分。

本来、会場横の鵜戸川でキャッチしたならこの様な体型の個体群のハズではあります。

自分が、このブログに載せている個体もほとんど、同エリアでキャッチした個体群ですから、スプーンヘッドの北陸地区体型の個体は居ません。

 

9年前のコンペで上げられたR画像も参考にしてみてください。

地元の個体群が沢山ウェイインされてますので、見比べ易いのではないでしょうか、

これらの個体群と見比べご自分の答えを出してください。

 

それにしても、、

この頃は数多くのRが釣り上げられてますねぇ~。

ここ数年の結果は非常に乏しく、今年が3本、去年が2本、一昨年が2本、だったようです(笑)

いかにこのエリアのRが減少しているかが、大会のウェイイン数でハッキリ分かります!

参加者は200人近くあるようですが、ウェイイン出来るアングラーは、ほぼゼロの近い、2・3人💦

 

正直言って、

魚が殆ど入っていない釣り堀りで、有料釣り大会を行っているようなものですよ(笑)

また、200人中2匹(100分の1)の確立の、これだけ釣れないエリアで、

魚をウエイインすると地元の魚ではないなどと、疑いの目で見られても仕方のないことかもしれませんね。

ましてや、ウエイインしたのが大会関係者の知人などでしたら、最も疑いの目で見られても仕方がないですわ。

そして、その人がロッドの開発に携わっている、なんてことが有ったら、

金儲けの茶番劇に200人近くがお付き合いさせられた、と参加者の不満の声が高まっても仕方がないのかもしれません。

 

懐かしい雑誌だったので、知り合いが数人載っていましたが、皆様、若いこと(笑)

ではでは、、

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  MEGATON級 | トップ | R地域変異 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。