韓流ブログ「アナバコリア」 韓流&K-POP情報版

韓流スター・K-POPアイドルの最新情報やK-POP・韓国ドラマ・韓国映画の情報をどこよりも詳しくお届けするブログです!

【韓流&K-POPニュース】EXO 夏カムバックを準備中「時期は未定」・・

2017年06月16日 14時38分08秒 | LK-POPアイドル・韓流スター
EXO


韓国アイドルグループ「EXO」が夏にカムバックする。

「EXO」の所属事務所SMエンタテインメントの関係者は16日「EXOが夏のカムバックを準備中だ。詳しい日程は確定次第、お知らせする。多くの期待をお願いする」と公式立場を明らかにした。

これで「EXO」は昨年8月3rdリパッケージアルバム発表以降、約1年ぶりにカムバックを知らせることになった。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年6月16日)

☆ついに!!!

★この記事の続きはこちら→「EXO」、夏カムバックを準備中「時期は未定」

東方神起、TVXQ、ユンホ


最近、軍服務を終え復帰して大きな注目を集めているアジア最高K-POPグループの「東方神起」ユンホが今回は乗務員として戻ってきた。

「アジア最高の韓流スター」をモデル戦略として展開してきた韓国の体表的なLCCチェジュ航空(体表取締役社長、Choi Kyunam)は、「BIGBANG」、イ・ミンホ、キム・スヒョン、ソン・ジュンギに続いて今回は「東方神起」ユノ・ユンホをチェジュ航空のイメージキャラクターに起用し、メイキング映像としてユンホのスタジオ撮影の様子とインタビューを公開した。

また、チェジュ航空は6月3日より、ユンホが乗務員制服や旅行服装を着た写真がラッピングされている航空機の運航を始めた。「東方神起」ユンホの写真がラッピングされたチェジュ航空の航空機が日本や東南アジアなどの国際線に投入され、既にSNS(ソーシャルメディア)上で話題となっている。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年6月16日)

☆スーツがよく似合ってますね~^^

★この記事の続きはこちら→「東方神起」ユンホ、チェジュ航空乗務員に変身…制服撮影メイキング映像を公開」

BIGBANG、G-DRAGON


YGエンターテインメントがG-DRAGONの新作「KWON JI YONG(クォン・ジヨン)」のUSBにおける赤色の“にじみ現象”について、「意図したコンセプト」と説明した。「BIGBANG」G-DRAGONのDNAと母胎を表現するために意図的ににじませたというものだ。

意図を知らない数人の購入者は「USBアルバムから赤いインクが手につく」、「不良品だ」との不満の声をインターネット上に掲載したが、音源サイトに公開されたイメージを見れば色がにじみ出て斑になっていることは簡単に見抜くことができる。YGはUSB販売前に、あらかじめ事前公示を通して、まだらになったり色が落ちることもあると説明していた。

YGが以前、USBアルバム製作と供給には多くの困難があると述べた理由もまさにこのためである。

工場で大量生産するものとは違い、G-DRAGONが表現したい母胎意図とコンセプトはUSBの外観に赤色のにじみとヴィンテージ感のあるスクラッチなどを施す必要があり、YGはさまざまな試みの末、手作業で赤色インクを塗った。そうすることで、G-DRAGONが望むイメージを作り出せると結論付けたのだ。

また、単純にUSB内に音楽を込めて販売するのではなく、特定リンクと連結し、多くのコンテンツを円滑に利用できるシステムを構築する上でも、長い時間が必要だったとの説明だ。さらに、USBに書かれた「クォン・ジヨン」は、G-DRAGONが生まれた際に彼の母親が手で書いた文字で、“母胎”というコンセプトと一致するG-DRAGONのアイデアだ。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年6月16日)

☆お母さんのだったんですね。

★この記事の続きはこちら→G-DRAGON側「“USBのにじみ”は意図的に製作」と説明…「クォン・ジヨン」の文字も母親が書いたもの

BLACKPINK、ジェニ


韓国ガールズグループ「BLACKPINK」ジェニ(JENNIE)のカムバックティザーが公開された。

YGエンターテインメントは16日公式SNSを通じて22日にカムバックする「BLACKPINK」ジェニの個人ティザーを公開した。

写真の中のジェニはツインテール姿で妖艶なポーズをとっている。ティザーポスターにはツインテールでピンク色の衣装を着たジェニがシックな表情で正面を見つめている。清純なイメージだったジェニが以前より強いビジュアルと眼差しで視線を引きつけている。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年6月16日)

☆目大きいですね~!!!

★この記事の続きはこちら→「BLACKPINK」ジェニ、妖艶なカムバックティザー公開!

SISTAR、ヒョリン、Kisum


韓国ガールズグループ「SISTAR」出身のヒョリン側は去る15日、公式SNSを通じて「2017.06.29 ヒョリン X Kisum 'FRUITY' GROOVYROOM COMINGSOON!」という書き込みとCOMINGSOON写真を公開し期待を高めた。

公開されたCOMINGSOON写真には降り注ぐ日差しの中、ヒョリンとKisumの清涼感あふれる姿が収められており、今後公開される音楽への関心を引いている。

ヒョリンはことし初め米国ビルボード誌で「K-POP市場で最も目にとまる声」と称賛され、米国SXSWのステージに立ち、卓越した歌唱力と音楽性で現地メディアの目を引いた。先月18日と19日、米ニューヨークに位置する「FLASH FACTORY」とLAの「THE MAYAN」で開催された公演をすべて“SOLD OUT”とし、K-POPアーティスト初の世界最大のEDMレコード会社Spinnin' Records社と契約を締結し話題を集めた。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年6月16日)

☆すごいコラボ!!!

★この記事の続きはこちら→「SISTAR」出身ヒョリンX 女性ラッパーKisum、29日に「FRUITY」公開!

I.O.I、キム・ドヨン、チェ・ユジョン、コンミョン


Mnet「プロデュース101(PRODUCE101)シーズン2」の最後の生放送を控えたオン・ソンウ練習生へ同じ所属事務所の先輩たちがリレー応援に乗り出した。

16日、俳優コンミョンとイ・テファン、ガールズグループ「HELLOVENUS」ライム、ユヨンに続き、「iTeen Girls」のキム・ドヒョン、チェ・ユジョンまでSNSを通じてオン・ソンウを応援するメッセージを伝えて注目を集めている。

特にドラマ、バラエティ、広告など様々な分野で活動中の彼らが忙しいスケジュールの中でも所属事務所の後輩であるオン・ソンウを応援するためSNSに直接応援メッセージを掲載。リレー応援を繰り広げて積極的なPRに乗り出したFantagioのアーティストたちの義理が引き立って見えた。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年6月16日)

☆応援を背にファイティン!!!

★この記事の続きはこちら→「I.O.I」出身キム・ドヨン&チェ・ユジョンから俳優コンミョンまで、「プロデュース101」出演のオン・ソンウをリレー応援

ハ・ジウォン


「病院船」の実力派外科医ソン・ウンジェ役に女優ハ・ジウォンが出演を確定した。デビュー後、初めての医師役挑戦であり、MBCのドラマ出演は「奇皇后」以降、3年ぶりである。

8月放送予定のMBC新水木ドラマ「病院船」は医療インフラが不足した島で船に乗って医療活動を広げているそれぞれ異なる事情を持った医師たちが島の村の人々と人間的に疎通しながら、心を処方する真の医師へと成長していくヒューマンアイランドメディカルドラマだ。

ハ・ジウォンが演じるソン・ウンジェは簡単な治療と薬の処方のみできていた病院船を外科手術も可能にした優れた実力をもつ医師だ。科学の英才として育ち、科学高校と医大、最高の大学病院を経て実力派外科医へと成長した。インターン時代、外科科長のお墨付きをもらって勢いに乗り、花道だけを歩くはずだった。しかし思いもよらない事件に巻き込まれ、病院船へ来ることになる。競争と勝つことには慣れていたが、人間的な交流には素質がないため、友人もいない。そのため頑固な島の村のお年寄りたちとトラブルが多い。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年6月16日)

☆ついにドラマで復帰!!!

★この記事の続きはこちら→女優ハ・ジウォン、新ドラマ「病院船」で医師役に初挑戦

キム・ヒソン、キム・ソナ


韓国女優キム・ヒソンとキム・ソナが主演のドラマ「品位のある彼女」(原題)が初放送前から海外で先行販売され、高い関心を受けている。

来る16日に初放送を控えたJTBC新金土ドラマ「品位のある彼女」がアジア、米州、オセアニアで先行販売される快挙を成し遂げた。

アジアでは香港、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、モンゴルをはじめ、米州地域では北米、中南米、そしてオセアニア地域に先行販売されたもの。これにより「品位のある彼女」をアジア、米州、オセアニア地域でも見ることができる。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年6月16日)

☆ちょっとばかしダークな感じのドラマ?

★この記事の続きはこちら→キム・ヒソン&キム・ソナ主演ドラマ「品位のある彼女」、アジア6か国・米州・オセアニアで先行販売

韓国映画、朴烈


韓国映画「朴烈」(イ・ジュンイク監督)に出演した在日韓国人と日本人俳優らの熱演が映画への期待感を高めている。

イ・ジュンイク監督の12作品目となる「朴烈」には、在日韓国人と日本人俳優が出演し、真正性のある演技を見せた。「朴烈」は1923年東京、6000人の朝鮮人虐殺を隠そうとする日本に正面から対抗した朝鮮人青年“朴烈(パク・ヨル)”と彼の同志であり恋人・金子文子の実話を基にした作品だ。

劇中、日本内閣の外務大臣、内務大臣など統治時代の暴力性と非道徳的なキャラクターを拒まずに熱演した彼らは劇団「新宿梁山泊」の俳優だ。「朴烈」は韓国映画として初めて日本統治時代の日本政府の首脳部であった内閣シーンを生々しく表現した。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年6月16日)

☆“王の男”を撮った監督だけに今回も歴史ものなんですね!

★この記事の続きはこちら→映画「朴烈」、在日韓国人・日本人俳優が大挙出演…真正性のある演技で期待感高める
ブログランキング参加中!!! 是非、1クリックポチッとお願いしま~す!!!^^↓

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人タレントへ
にほんブログ村
『EXO』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【韓流&K-POPニュース】BIGBA... | トップ | 【韓流&K-POPニュース】Highl... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

LK-POPアイドル・韓流スター」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL