韓流ブログ「アナバコリア」 韓流&K-POP情報版

韓流スター・K-POPアイドルの最新情報やK-POP・韓国ドラマ・韓国映画の情報をどこよりも詳しくお届けするブログです!

【韓流&K-POPニュース】少女時代 10周年カムバック初ステージは10日の「エムカウントダウン」・・

2017年07月31日 13時37分56秒 | LK-POPアイドル・韓流スター
少女時代、SNSD、スヨン


韓国ガールズグループ「少女時代」がMnet「エムカウントダウン」を通じてカムバックステージを初公開する。

「少女時代」は来る8月10日、Mnet「エムカウントダウン」に出演し、ダブルタイトル曲「All Night」と「Holiday」のステージを放送で初公開し、「少女時代」の新しい音楽とパフォーマンスを満喫できる華やかなステージで、音楽ファンはもちろん視聴者の耳目まで魅了する見通しだ。

また「少女時代」は31日、公式ホームページにメンバー・スヨンの変身を込めたティザー写真とインタビュー映像はもちろん、今回アルバムに収録されたビッグバンドブルーススタイルのアコースティック曲「Love Is Bitter」の音源一部を公開した。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年7月31日)

☆ますます期待!!!

★この記事の続きはこちら→【公式】「少女時代」、10周年カムバック初ステージは10日の「エムカウントダウン」!

Wanna One


注目の韓国新人アイドルグループ「Wanna One」のデビューアルバムトラックリストが公開された。

「Wanna One」は31日、SNSアカウントを通して来月7日に発表するデビューアルバム「1X1=1(To Be One)」のトラックリストを公開した。

今回の作品にはタイトル曲候補の「Burn it up」と「Energetic」をはじめ、イントロ「To Be One」、収録曲「Wanna Be」、Mnet「プロデュース101(PRODUCE 101)シーズン2」で披露した「Always」、「PICK ME」、「Never」が11人バージョンで収録された。

特に「Never」の作曲家と知られた「PENTAGON」フイ(23)と作曲チーム「Flow Blow」が「Energetic」を手掛けたことが伝えられ、関心を集めている。「PENTAGON」フイが作詞・作曲に、「PENTAGON」ウソク(19)が作詞に参加した「Energetic」がタイトル曲に選ばれるのかにも注目だ。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年7月31日)

☆最近注目の的になってますね!!!

★この記事の続きはこちら→【公式】「Wanna One」、デビュー作トラックリスト公開…「PENTAGON」フイら参加

Wanna One


韓国アイドルグループ「WINNER」が新曲名「ISLAND」を追加で公開し、ダブルタイトル曲でのカムバックを予告した。

YGエンターテインメントは31日午前、公式ブログを通じて新ポスターを公開した中、「LOVE ME LOVE ME」に続く新曲名「ISLAND」を公開した。

「ISLAND」という曲のタイトルからすでにわかるようにポスターにはリゾート地の感覚がいっぱいの島のイラストが描かれており、以前公開したタイトル曲「LOVE ME LOVE ME」に続き、今回「WINNER」のカムバックが蒸し暑い夏を涼しくしてくれるクールな曲であることを暗示した。

「ISLAND」は「島」という異色の素材をユニークな歌詞に込めてロマンチックな感性を盛り込んだダンスホール、トロピカルジャンルの曲だ。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年7月31日)

☆これは見逃せない!!!

★この記事の続きはこちら→「WINNER」、新曲名「ISLAND」を公開…ダブルタイトル曲でカムバックを予告!

ZE:A、シワン


韓国アイドルグループ「ZE:A」のメンバーで俳優のイム・シワン(28)が「Urban Zakapa」チョ・ヒョナ(27)と手を結び、下半期にデュエット曲を発表する。

複数の放送関係者によると、イム・シワンは来る下半期に音楽配信サイトを通してスペシャルシングルを発表する。現在予定されている発表時期は8月と9月の間で、遅くとも10月前に発表される見通しだ。

これはイム・シワンが2015年9月の「ZE:A」ベストアルバム「CONTINUE」以来、約2年ぶりに披露する新曲だ。イム・シワンの名を掲げたオリジナル曲としては2014年12月のtvN「ミセン」OST「それでも…だから」以来、約2年半ぶりとなる。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年7月31日)

☆どんな曲なんだろう?

★この記事の続きはこちら→“兵役中”イム・シワン(ZE:A)、チョ・ヒョナ(Urban Zakapa)とのデュエット曲発表へ

ジェシカ、少女時代、SNSD


韓国歌手ジェシカ(28)がティザーイメージ公開と共にニューアルバムの発売を知らせた。

ジェシカは本日(31日)午後1時、所属事務所Coridelエンターテインメントの公式ホームページとSNSを通してティザーイメージを電撃公開し、来る8月9日にデビュー10周年を記念する3枚目のミニアルバム「My Decade」を発売すると伝えた。

公開されたティザーイメージは美しさと夢幻的な雰囲気漂うジェシカの姿をはじめ、フィルム形式で構成された2枚のイメージがファンらの視線を引き付けている。また、タイトル曲名「Summer Storm」を初公開するなど、今作に対する関心を仰ぐ。

特に、昨年12月の「WONDERLAND」発売以降、約7か月ぶりのカムバックとなり、ファンの期待を集めるだけでなく、ジェシカのデビュー10周年を記念して発売されるだけに、ジェシカはもちろん、ファンにとっても意味深いアルバムになると見られる。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年7月31日)

☆楽しみ~♪

★この記事の続きはこちら→【公式】“10周年”ジェシカ、8月9日タイトル曲「Summer Storm」でカムバック

プロデュース101、アン・ヒョンソプ


韓国Mnet「プロデュース101(PRODUCE 101)シーズン2」で顔を知られたYUEHUAエンターテインメントの練習生アン・ヒョンソプ(17)の画報が公開された。

アン・ヒョンソプは最近、同じ事務所のイ・ウィウン(16)と共に「GIOAMI KOREA」のグラビア撮影をおこなった。撮影後におこなわれたインタビューで彼は「普段のファッションはどんなスタイルか」との質問に「すっきりとしたスタイルやかっこいいスタイルが好きだ。だが、最近は違ったスタイルも試したくて、ハワイアンシャツを買った」と答えた。

(満年齢で)最後の10代を過ごすアン・ヒョンソプは「二十歳になったら最もしてみたいことは何か」と問うと「海外旅行がしたい」と笑った。特に「ディズニーランドやユニバーサル・スタジオなどの遊園地に行きたい」と述べた。また、特別な女性のタイプに関する質問には「地球人。地球にいる人間であればみんないい」と突拍子のない回答も飛び出した。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年7月31日)

☆大胆発言!!!

★この記事の続きはこちら→「プロデュース101」出演アン・ヒョンソプ、理想の女性について「地球人であればOK」

SEVENTEEN、ドギョム、ヤン・ダイル


韓国アイドルグループ「SEVENTEEN」のメインボーカル・ドギョムと独歩的なソングライティングの実力と音色で自分だけの厚いファン層を持っているヤン・ダイルが来る8月9日正午、デュエット曲を発表する。

去る30日10時、ヤン・ダイルとドギョムの2人の公式SNSに掲載されたレコーディング現場写真で公開された今回のデュエットプロジェクトはSan Eとレイナ(AFTERSCHOOL)の「真夏の夜の蜂蜜」でK-POP市場に新しい風を巻き起こしトレンドをリードしていたPLEDISエンターテインメントとBRANDNEW MUSICの新しい合作だ。

特にドギョムはこれまで自分のファンにヤン・ダイルの歌を積極的に勧めており、自分が直接歌ったヤン・ダイルのカバー曲映像を公開するなど普段からヤン・ダイルの熱烈なファンであることを公にしていたため、ファンの関心が集中している。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年7月31日)

☆どんな曲なんでしょうか~?

★この記事の続きはこちら→「SEVENTEEN」ドギョム&ヤン・ダイル、8月9日にデュエット曲発表!

TWICE、サナ


韓国ガールズグループ「TWICE」の日本人メンバー、サナ(20)が同じメンバーのツウィ(18、台湾出身)と錯覚されるエピソードを公開した。

サナは30日、ネイバーVアプリを通して放送された「TWICE SANA DATE V2」で「道端である方が、わたしをツウィだと思って握手してほしいと言ってきた」と述べた。

続けて「わたしの前まで来て手を握る。ツウィの振りをした。そういうことが何回かあった。画面でのみで見ていて実際に会うと(誰が誰だか)よく分からない場合もあるから、握手しながら、いつか分かってもらえるだろうと思ってあいさつする」と打ち明けた。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年7月31日)

☆ツウィはどれだけ人気があるってこと?

★この記事の続きはこちら→「TWICE」サナ、ツウィに間違えられるエピソード公開「ツウィの振りをする」

韓国映画、軍艦島


韓国映画「軍艦島」が週末の3日間で250万人を動員し、公開から5日で観客動員数400万人を突破した。

31日、映画振興委員会映画館統合コンピュータ・ネットワークの集計によると、映画「軍艦島」は28日~30日までの3日間で251万3306人の観客を動員し、ボックスオフィス1位を記録した。累計観客数は406万5535人だ。

これにより「軍艦島」は公開5日で400万人を超えたことになる。これは最高のヒット作「バトル・オーシャン 海上決戦(原題:鳴梁)」(1761万人)が記録したものと同一の速度だ。

「軍艦島」は26日に公開され、初日に97万人を動員。オープニングの歴代最高記録を更新したのを皮切りに、2日目に100万人、3日目200万人、4日目に300万人を突破した。(記事&画像引用:(C)WoW!Korea、2017年7月31日)

☆すごい勢い!!!

★この記事の続きはこちら→映画「軍艦島」、週末だけで250万人動員…公開から5日で累計400万人突破
ブログランキング参加中!!! 是非、1クリックポチッとお願いしま~す!!!^^↓

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人タレントへ
にほんブログ村
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【韓流&K-POPニュース】Red V... | トップ | 【韓流&K-POPニュース】“カム... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL