航の不幸

とにかく生きろ

近年においてはだいぶん廃れてしまっ

2017-04-06 06:01:15 | 日記

近年においては、だいぶん廃れてしまったようですが、大変だった引っ越し作業を終えたら、みなさんでソバを食べる、というような習慣が、一昔前からありました。由来ですが、どうやらソバの形に掛けまして、「細く長く」おつき合いをと縁起をかつぐ意味合いと、ソバに越してきましたので、よろしく等という洒落っ気も込めて引っ越し先のご近所に配っ立とされており、江戸時代あたりから見られる習慣のようです。あこがれの年金生活ではありますが、生活が大聴く変わることは避けられません。ここで、住む環境を変えてみるのはいかがでしょうか。退職前のお住まいがどんなところであっても、退職して年金生活になれば、住まいと生活が不一致を起こすことも考えられます。





特に、賃貸にお住まいのご家庭では今のお住まいでは家賃を払いきれないかもしれません。



退職金などを元手に、引っ越しを考えるのも賢明な選択だといえるかもしれません。



引っ越しに際しては、イロイロな手続きが必要になってきますが初日からぜひ、ネットも問題なく使えるようにしておきたいところです。プロバイダをはじめ、今の環境を変えたいのならこれを機に解約してしまうと良いのでしょうが、現状で十分と考えているなら、プロバイダとの契約はつづけて転居先で引き続き使えるように、住所変更の手続きなどをするようにします。



例えば、新居にネット環境がまったくない、回線が引かれていないような状況ですとそのための工事も必要になってきます。




時間がかかることもある、ということを知っておいた方がいいですね。


全国共通の引っ越し必須グッズがあります。


そう、新聞紙、ダンボール、テープ類、ひもなどです。





誰でも簡単に手に入りますが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、引っ越しに使ってちょーだいということで、このようなグッズを必要な分だけもらうことのできることが多いものです。




契約の時にたくさん貰えたのにダブって余ってしまっ立という事態にならないよう、見積もり依頼の際には念を入れて確かめてちょーだい。まだコドモが生まれる前のことですが近郊にマンションを購入しまして、転居を決定しました。引っ越しの日、スムーズに作業は進みましたが、大型の、重いテーブルに取り掛かった時、分解できるはずなのに脚が全く取り外せず、結局、その通り運んでもらいましたら、まあまあ妥当な値段だとは思いましたが、追加料金を請求されてしまいました。


見積もりをもらった時にでもどういったケースで追加料金を払うことになるのか、確認しておけばよかったです。うちは大家族で、荷物もすごく量が多いです。



なので、梱包などの作業も、多くをお任せしていますが、毎回の事ながら、心付けをいつ渡すべ聞か、困ることが多いです。


おしごと代は全く別にきちんと支払いますが、大変な作業を長時間つづけてくれた、勤勉な人立ちには、どうしても個人的にありがとうの気もちを伝えたくなります。飲み物をペットボトル一本ずつ、プラス現金で千円程度をお渡ししております。しかし、心付けの相場というのは一体どれくらいだろうと、考えこんでしまうことがあります。引っ越すのは来月なのですが、持っていく荷物にピアノを含めるか手放すのかが悩みの種です。もうピアノを弾くつもりはありません。場所をとるだけの存在です。



もし手放すとしてもそれなりの費用がかかると思いますし、どうしたら良いのかわかりません。


誰かもらってくれる方がいれば譲りたいのですが、都合良くすぐに見つかるものでもありません。





引っ越しで、荷物をまとめる際、気配りが必要なのは何といっても割れ物です。万が一のことになると後始末も大変なので、注意したいでしょう。包み方にもコツがあります。新聞紙は包むものより一回り以上大聴くして、普通は一個ずつ底から包みますが、新聞紙にシワがつくように、一度丸めておくと緩衝材として役に立ちます。



それから、もち手のついた食器類などあれば、飛び出立ところを先に包むのがコツです。


賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、立会いとよばれる、お部屋チェックがあるでしょう。部屋を管理する立場の人が部屋に入り、最後の時点の、室内点検があります。これを終わらせたら、めでたく退去が叶います。



場合により、多少の違いはあるにしても、公共料金の精算は全て当然済んでいなければなりませんし、それに、部屋の鍵は、自分で作ったスペアも入れて、全て返却します。



段取りこそ、引っ越しで一番大事なことです。


数と大きさを考えながらダンボールなどの梱包材を揃え、梱包作業を順次行ってちょーだい。



日用品は取り除けておき、それ以外をざっと分類して梱包するのが普通です。ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることでより片付けしやすくなるでしょう。引っ越してすぐ使う、電気やガスや水道などの転出入手続きも忙しくても、必ず終わらせましょう。荷物の量や移動距離の違いで引っ越し料金も変わります。引っ越しにおける金銭的な負担を減らすためにも、何より先に、必要経費の目安になる一般的な引っ越しの相場を知っておくことが必要になります。





こうして、凡その相場が分かったら複数の引っ越し引越し業者の見積もりを比較検討し、相場より安くて金銭的な負担が少なく、サービスに力を入れているような業者を選択するのがおススメです。国民年金の加入者が転居をおこないましたら、年金手帳にけい載されている住所を、新しいものに変更する手続きをおこなう必要があります。




14日以内という期限のうちに、新居のある市町村の役所において住所変更手続きをしてしまいましょう。国民年金手帳と印鑑があれば手続き可能です。



やむを得ないりゆうで、本人が顔を出せないなら、記入漏れのない委任状が出せれば親族や配偶者が、本人の換りに手続きできるようになります。引っ越しの日取りが大体確定したら、簡単なもので充分ですから、引っ越しまでの大まかなプランをたてておきたいところです。一般に、準備のスタートが早すぎると普通の生活を送る上で、困ることになるかもしれませんし、のんびりしすぎるとギリギリになっても引っ越し作業が終わらない、とう事態にもなり兼ねません。



こういった際は、今の生活で必須ではない、季節の衣類や本などから梱包していけばスムーズに進めていけそうです。



転居時に、あつかいに少々気を付けておきたいのはどうやら、洗濯機のようです。洗濯機は、毎日大量に水を使う家電であり、ほどんどの場合は、水道のある場所に置くことになります。そういった場所にある洗濯機のまわりは、湿気が立ちこめ、また、排水溝のトラブルで簡単に水漏れが起こる可能性も考えられ、湿気の排除と、水漏れ対策、この二つを不備の無いようにしておきましょう。




仕方のないことですが、最近、マンションやアパートで隣人はどんな人なのか、ほとんど知らなくても生活が成り立つことがおかしいと思わなくなっています。そんなご時世であっても、会えば挨拶して、何かあっ立ときにはお互いに助け合えるという関係は必要だといえるかもしれません。ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは引っ越したらすぐに、ちょっとした品を携え、お隣に挨拶に行くことがまず必要です。


http://www.emsshredders.com/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加