航の不幸

とにかく生きろ

看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくる理由で

2016-12-07 20:52:38 | 日記
看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくる理由で子もちの看護師からするとまあまあの悩みどころとなっている場合が多いです。



未就学児であれば、数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、大病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。

それでも、コドモが小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。



沿ういう理由でパートとして働くことにシフトするという看護師も相当数いると思われます。



看護職の人がジョブチェンジする動機としては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、マイナス要素をあげてしまうと、それだけで評価を下げることになりかねません。

たとえ本音が沿うだとしても素直に明かす意味もありませんので、ポジティブな印象を与える応募動機を表明してちょうだい。大変な激務と世間一般に認識されている看護師というおシゴトの、その中身を少し見てみます。

夜勤必須の病棟勤務、神経を使う重症患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)さんもいて、この人立ちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。



それから、必要な人には、身の回りの世話やてつだいといったことも担当看護士が任されます。



いきなり緊急手術が行なわれたり、人手の少ない夜間に限ってナースコールに何度も応答することになったり等々、時間が経つのを忘れてしまうほど立ち働くことになります。



大病院には多くの科が設置されていますが、配属された科の診療内容によって、看護技術や処置の方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)が変わってくるのです。配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修は自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、視野を広げて、多くの知識を身に付けることが出来ます。今後の進路を考える事もできますから、やる気も上がります。実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。たとえば正社員として働く看護師は月給制です。

でも、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。



では、パート看護師の時給は幾らくらいか見てみると日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが大体の相場らしいです。これを単純にパートの時給とみるとまあまあ高額だと思える人もいるでしょ受けれど、看護師として、人命にか替る業務をこなし、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、つくづく安い値段ではないでしょうか。







意外かも知れませんが、今とは別のシゴト場で働くことを望んでいる看護師は、割合に数が多いです。働く看護師が不足している大病院など幾らでもあって、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。

せっかく高い志で勤め始めた現在のシゴト場においてあつかわれ方が酷くて、まったくやりがいを感じられないとか、身体が辛いのにどうしても休めない、など、看護師が転職を願望するようになった理由は多様です。

そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、単に給料や労働条件だけを見ないで、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。

看護師が転職する際の要領としては、やめるより先に次のシゴトを決定しておいた方がいいですね。







加えて、3ヶ月程掛けて丁寧に次のシゴトを見つけるようにしましょう。







先走って次のシゴトへ行くと、新たなシゴトもまたやめかねないので、願望した条件を満たす職場を念入りにチェックしましょう。ですので、自分の中で条件をハッキリさせることが重要です。実際、看護師専用の転職サイトには、祝い金をくれるところがあります。



転職をすることで祝い金を出して貰えるなんて嬉しい気もちになりますよね。







けれど、お祝い金を受け取るためには条件がほとんどの場合にありますから、申し込みの前に確認をしておくようにした方がよいでしょう。それとは別に、祝い金のサービスがない転職サイトの方が充実のサービスな場合があります。看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大切です。事に当たって、すべてに対応できる手引書が用意されているといった生や指しいものではありません。ですから、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。ところで、更なるスキル向上をねらって転職を願望する場合があります。

いろいろな技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行ってさらに能力をアップさせたいとねがう、ポジティブな考え方の転職ですね。昨今、病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、医師不足や看護師不足への対応が急務となっています。日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら時には急患にも対応しなければならず、多数の看護師はとても大変な思いをしているという現実があります。男性看護師の割合も増加しているのですが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスが蓄積されたり、行きたくてもお手洗いに行く時間がなく、便秘になる看護師も多いという事実は理解できてる話です。数年前までは看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、ここ最近になって少しずつ看護師を志す男性も増えてきています。日常の看護においては、患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)の移動の介助をする時や入浴介助等、力シゴトも少なからずあるので力のある男性看護師は重宝されます。



給料の点からみると女性と変わらないのですが、コドモを産み育てるためにシゴトを長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、より高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。

看護師が活躍できる場所は、病院に限りません。





数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでもまだまだ看護師は足りていません。グループホームで介護サービスを受けている方というのは、認知症患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)の方であるため、十分留意したうえで関わらなければなりません。

特に介護関連に興味があるという場合は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのも考えてみてはいかがでしょうか。



産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健の指導などをしたり、うつ病防止のためのメンタルケアもします。

産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、職業案内所で見つけるのはほとんど不可能です。

興味のある方は看護師専用の転職サイトがありますので、それをご利用ちょうだい。沿ういうサイトなら、産業看護師の募集も数多く載っています。





看護師の資格を手にするには、何通りかのコースがあるでしょう。





看護師免許を取得するには、国家試験(合格しなければ、就くことのできない職業も多いです)を受ける必要がありますが、いきなりは受験できません。

試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護に関して勉強することが必要です。



看護師として働くことは、ドラマのように上手にはいかないのが現実です。普通の業務だけでも多忙を極めるのに、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、残業しなければならなくなることが多いです。



ですが、もしもひどく忙しく、疲れている場合でもにこやかに患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)さんやそのご家族に対応しているのです。先程まで愚痴っていた人がぱっと笑顔を創れるのですから時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。




http://www.sugugag.com/を見に行く
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 近年においてはだいぶん廃れ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。