明日に向かって Let's Be Happy *

毎日どうしたら楽しく暮らせるか 猫一匹と思案中。
   

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「REDリターンズ」もう一度

2017-01-29 09:10:00 | LBH映画


2013年7月の記事ですが
Kstyleでランキング3位に上がってました。

昨日1/28にフジテレビで「REDリターンズ」が放送されましたが
その影響かしら?・・・

とてもよい評価なので載せますね 

 【「REDリターンズ」イ・ビョンホンが演じたキャラクターに
海外のマスコミも注目 】


ハンはアメリカで行われたモニタリング試写会当時、70%以上の回答を得て一番魅力的なキャラクター1位に選ばれたことに続き、これを演じたイ・ビョンホンにはプレミア試写会以降、予定の約10倍に達する100余りのメディアからインタビュー要請が殺到した事実が知られ、注目を集めた。

海外のマスコミはこれと関連し「新しいメンバーのイ・ビョンホンは殺し屋として賢いコメディを見せてくれた」(Mercury News)「コンビニの中で繰り広げられるイ・ビョンホンのアクションシーンがこの映画で最高のアクションシーンだ。断然、印象深いアクションだ」「アンソニー・ホプキンス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、イ・ビョンホンは『REDリターンズ』をより特別なものにした」(Veriety)、「イ・ビョンホンの熟練したアクション演技は、信じられないほど驚くべきものだった」(Tribune News Service)、「イ・ビョンホンのアクションは『REDリターンズ』により若い気運を吹き込んだ」(Screen International)という反応を見せた。
『REDリターンズ』で最高のシーンは韓国の俳優、イ・ビョンホンが作った。


  







久しぶりで観た「REDリターンズ」だったけど
面白かったわ~
特にビョンホンさんのアクションは格好よかった! 
放送が終わってから自前のDVDで何度も観ちゃいました  







この記事をはてなブックマークに追加

「MAG7」行ってきました♪

2017-01-28 11:25:00 | LBH映画

初日に行ってきました 

転居したので近くの映画館を調べて
乗り換えなしで行ける<TOHOシネマ上大岡>に行ってきました。




15:20の回だったので満席ではなかったです。
6割位かな?・・・・
やはり男性が多かったです。
もっとBHファンの女性が多いかと思ったけど
あまり見当たらなかったですね
午前の回に行ったのかな?

物語はよく知っている
「七人の侍」「荒野の7人」だから
先が分かっていて物語の驚きはなかったですね。

7人の個性はあったけどそれぞれのエピソードが
うまく演出されてなかったような・・・
物足りなさを感じました。

ビョンホンさんのビリーロックと
イーサン・ホークのグッドナイト・ロビショー
の関係はパンフを読んで「そうなんだ」
と思って二人の関係がつかめました。



ビョンホンさんは頑張っていましたね 
西部劇の中に溶け込んでいて
ナイフ使いも相当練習したんでしょうね
「蝶のように舞い 蜂のように刺す」
まさにその通りでした 
かっこよかった~
ただお得意のテコンドー
足蹴りは出てきませんでしたね^^
西部劇だからね^^





クライマックスは
ピストル・ライフルなんでもござれのドンパチで
どんどん人が殺されていって
敵だと思っていても爽快感はありませんでした。
アメリカの銃社会の正義を見てるようで・・・
娯楽として楽しめないのは・・歳かな~・・・

印象に残ったのはクリス・プラット
「ジュラシック・ワールド」で始めて見たけど
この役では軟派なギャンブラー
憎めない男でチャーミングでしたね 
最後の場面で男を上げたいい役でした 









この記事をはてなブックマークに追加

「マグニフィセント7」本日公開!

2017-01-27 10:08:40 | LBH映画


イ・ビョンホン特別映像
YouTube版がありましたので
貼り付けますね 










 【 ハリウッドスター集結!
『七人の侍』『荒野の七人』のスピリッツを受け継いだ
新たな7人のガンマンたち! 】



クリス・プラット
イーサン・ホーク
イ・ビョンホン
7人それぞれの特別映像が観られます。 

アジアからきた流れ者のビリーは、ピストル、ライフルなんでもござれだが、ことナイフの腕前は天下一。蝶のように舞い、蜂のように刺すスタイルは優雅で気品さえ漂う。寡黙で、普段は、ほとんど口を開かないが、相棒のグッドナイトのことをいつも気遣う優しい男。『七人の侍』の剣聖・久蔵、『荒野の七人』ではジェームズ・コバーンが演じて大ブレイクしたブリット役の「男は黙って」スピリットを引き継いだキャラクターだ。

 7人の中で唯一の東洋人であるビリーを演じるのは、アジアを代表するスターであるイ・ビョンホン。ハリウッドでは『G.Iジョー』の悪役として知られたビョンホンだが、本作ではナイフを使ったクールなアクションと寡黙な男の渋さが全開! アントワーン監督が「まさに現代のブルース・リーだ!」とべた褒めするほど、これまでの彼のキャリアで最高のかっこよさと言っても過言ではない!


初日に行く予定ではなかったけれど
これを読んだら我慢しきれず
やっぱり今日行ってきま~す   








この記事をはてなブックマークに追加

「マグニフィセント7」明日公開♪

2017-01-26 05:37:00 | LBH映画


イ・ビョンホン特別映像

多様性を体現するアンサンブルキャストのひとりであるビョンホンは、このほど公開された特別映像で「本作はリメイクだが、監督独自の目線で新たな物語に仕上がっている。大いに期待しているよ!」と語っている。動画には、撮影風景や舞台裏の様子も収められており、ビョンホンが撮影の合間に、共演者のメキシコ人俳優マヌエル・ガルシア=ルルフォとお互いに韓国語、スペイン語を教え合う和やかなひと幕も映し出される。

 【「マグニフィセント・セブン」イ・ビョンホン特別映像 】


メイキングもあって楽しい場面も入ってますよ 






いよいよ明日1月27日公開ですね!  

 【 公開劇場 】








この記事をはてなブックマークに追加

「シングルライダー」メインポスター

2017-01-24 15:42:00 | LBH映画

「シングルライダー」
メインポスターの公開!

イ・ビョンホンは劇中のすべてのものを失って消えた男
ジェフン役を演じ感性演技の頂点を披露すると期待を集めている。




ますます観たいけど今は
「マグニフィセント7」が先ね 

あと3日だけどネット予約はまだ開始してませんね 







この記事をはてなブックマークに追加