日々是好日

身辺雑記です。今昔あれこれ思い出の記も。ご用とお急ぎでない方はどうぞ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タンパク3000プロジェクトとB29の絨毯爆撃

2007-06-04 16:11:07 | 学問・教育・研究
タンパク3000プロジェクトには私のかっての研究仲間が何人も関わっている。私は現役を退いてからは『脱研究』を目指したので、大きなプロジェクトが動き出す話も小耳にはさむ程度であった。それがこの{タンパク3000}であったようだ。5年間に578億円を費やした巨大プロジェクトであることを、朝日新聞に寄せられた中村桂子さんの記事で始めて知ったのである。「よくぞこんな大金を引っ張り出せたな」というのが私の率直な第一印象であった。研究費集めに骨身を削った経験のある人なら、等しく抱く感想ではなかろうか。

研究者にとって研究費獲得は至上命令なのである。金額の多寡に応じて、攻める相手は異なってくる。私の限られた経験ではあるが、百万から千万円程度なら学会の『実力者』を頷かせられたらなんとか行くものだ。しかし億を超えるとそうはいかない。文部事務官であるお役人が目に見えるターゲットになってくるし、それ以上になると『政治』がからんでくる。それは洋の東西を問わないようである。前のエントリータンパク3000とPerutz博士で述べた英国のMRCでも、まとまったお金が必要になると、財務省をウンと云わせるのが最大の、そして最終の関門であったようだ。

まだ私が駆け出しの助手の頃、隣の研究室の教授に研究手法のことなどを教わったり、ディスカッションに乗ってい頂いたことがきっかけで、親しくさせていただいた。ある時そのT教授が私に「○○さん、最敬礼の仕方を知っていますか。文部省のお役人にはこうするんですよ」と云われて、ご真影に対するように恭しく最敬礼を実演されたのである。文部省になにか陳情で出向かれた時の話の中でのことだった。いわゆる『ポリティックス』のことなどもいろいろ伺ったものであるが、この点では私は不肖の弟子に終わった。しかし文部省に顔のきく『実力者』と文部省のお役人との『人脈』とかなんとか、ゴシップは大いに楽しませていただいたものである。。

今回の「タンパク3000」はどういう政治力学が働いたにせよ、財務省をウンと云わせたから実現したのであろうと思う。どちらかと言えば世間知に乏しい学者集団が、そこまでやってのけたことに、私は個人的な思い入れもあって、「凄いな」と反応してしまったのである。

私はタンパクの精製・結晶化で研究生活の第一歩を踏み出した。DNAに目を向けることもなく触れることもなく、ひたすらタンパク・酵素屋としての道を歩き通した。遺伝子の構造決定が世界的にも大きなプロジェクトとなり、遺伝子の詳細が分かっても、結局それが作るタンパク分子の働きを知らないことには何も分かったことにならないよ、と気炎を上げたものである。しかし現実はタンパクではインパクトが弱くて、研究費の廻りはどちらかと言えばよくなかった。そのタンパクを主題に大きなプロジェクトが出来上がったのであるから、なにはともあれCongratulations!なのである。

時の運も熟していたのであろう。これも大型プロジェクトであったヒトゲノム解析プロジェクトが2003年に完了しようとしていた。一方、X線回折法によるタンパク分子の立体構造決定に、世界で最高性能を誇るSPring-8がすでに活躍しており、構造解析が今でも困難視されている巨大な膜タンパクであるチトクロム酸化酵素の立体構造を決定するなどの成果を日本人グループが挙げてきた。それに加えて、タンパク分子を結晶化せずとも溶液状態で立体構造を決定する手法が実用化してきていた。その手法を開発したスイス連邦工科大学のK.Wuthrich博士が2002年にノーベル化学賞を受賞(化学賞の半分がアメリカのFenn博士と島津製作所の田中耕一氏へ)したことも、時宜を得たものであったといえよう。それにしてもタンパクという、別に目新しくないだけに地味な存在でもあったこの生体分子が、昨今の厳しい財政事情にもかかわらず、600億円近い資金を調達し得たことは、世故に疎い科学者の政治的勝利として見るのも一つの評価でありうると私は思う。しかし私の積極的評価は今のところこ、ここ止まりなのである。

ここで原点に戻るが、「タンパク3000」の特徴というか性格な一体何だったのだろう。大型プロジェクトであったことは間違いない。しかし私の目には科学的研究と云うより単なる事業としか見えてこないのである。『事業』を新明解辞典(第五版)は《〔人・金銭・物資を集め〕一定の目的で行う社会活動》と説明する。まさに「タンパク3000」の特徴をピッタリと言い当てているのである。「一定の目的」を「3000種類のタンパクの構造を決める」と読み替えればよい。

文部科学省がタンパク3000プロジェクトをイラストで説明している。先ずこれを見てみよう。目標として掲げられているのは

《3000(全体の約1/3)種以上の蛋白質基本構造・機能解析
・蛋白質発現、解析等の関連技術の高度化、成果の適切な特許化》

である。これを成し遂げると

《ゲノム創薬の推進

活き活きとした高齢化社会の実現

期待される経済効果
・創薬に関する研究費の低コスト化
・新薬開発期間の短縮
・医薬品市場規模の拡大》

と述べられている。しかし結論から言うとこの部分は全くの『作文』で、お役人・政治家目当てに書かれたとしか私には思えない。病気に関係するタンパク分子の立体構造が分かれば、効果的な治療薬をデザインして作り出すことが出来る、というのはこういう提案書につきものの『お題目』なのである。上のお題目は創薬、すなわち新薬が開発されることが前提になっているが、この前提が、半世紀以上を費やした科学的研究によっても、立証されてないという厳しい現実があるにも拘わらず、である。

6月1日にこのブログで述べたように、Perutz博士が決定したヘモグロビンの立体構造がその後のタンパク構造研究の先駆けであった。このヘモグロビンの関与する重大な疾病に鎌状赤血球症がある。黒人の間に多くて黒人1000人のうち4人が発症すると云われている。かっては30歳になるまでに死亡していた。これは遺伝性の疾患で、ヘモグロビンを作り上げているアミノ酸が遺伝子の異常でたった一個異なるだけで生じることがすでに1954年に明らかにされている。分子病のはしりである。半世紀も前に始めて立体構造が明らかにされたヘモグロビンの異常による疾患ですら、いまだ有効な治療薬は開発されていないのが現実なのである。

こういう事実をたとえば財務省のお役人に指摘されたら、このプロジェクトの主旨説明に参上した代表者はしどろもどろになったはずである。それにもかかわらずこのプロジェクトがスタートしたのは、提案者とお役人、それに政治家が、それぞれの思惑でもって野合したからと考えるのが素直である。

このプロジェクトでお題目を除くと、結局残るのは3000種類のタンパクの構造決定という仕事だけである。研究室では『銅鉄実験』とか『牛豚実験』とか、ある研究を揶揄する云い方がある。銅を使って成功したから次は鉄を使おうとか、牛でうまく行ったから次は豚で行こう、というような類の仕事である。3000種類もタンパクの構造を決めるというのも似たようなもの、一つ済んだらまた一つ、それの繰り返しである。一度構造が決まったことになれば、同じことを繰り返すことは先ずやらないから、間違いがあってもそのまま残る。そのデータを使った仕事をして、どうしても辻褄の合わないことが出て来てその構造を見直したら間違いがあった、ということが絶無とは云えない。その場合はまさに「賽の河原の石積み」である。その様な仕事の一体どこが楽しいのだろう、とこれは現場で働いた人に尋ねてみたくなる。出来上がった分子構造の数を数えてはグラフに書き込み満足の笑みを浮かべるのは、現場から離れたほんの一握りの人であろう。これはあくまでも『事業』であって、科学研究の範疇に入るものではない。

話に聞くと、あるところではNMR装置をズラリと並べて次から次へと構造を決めていったそうである。かって『軍国少年』であった私は、前の戦争でアメリカが国力をかけてB29を大量生産した工場の光景を思い出してしまった。圧倒的に優位なアメリカの工業生産力の前に敗れ去った日本人として、今やアメリカをも凌駕せんばかりに高価なNMR装置を並べ立てた壮観を想像すると、思わず喝采したくなる。♪勝ったぞ日本、断じて勝ったぞ、米英今こそ撃滅だ! と軍歌が口をついて出て来る。私はそういう厄介な世代に属する人間なのである。しかし一方、B29の絨毯爆撃よろしく、出来るものは手当たり次第にタンパクの構造を決める手法に、力でねじ伏せる野蛮性を感じてしまったりするのである。

構造決定された3000種のタンパクてどのようなものだろう。いずれ総括的な報告で明らかにされるのであろうが、この中にこれまで難攻不落であった挑戦的なタンパクが、一つでも含まれていたのだろうか。私の直感では、意地悪い云い方で恐縮ではあるが、数を稼ぐために決めやすいタンパクだけを決めたような気がする。絨毯爆撃でも破壊されたのは地表に出ているものだけ、堅牢な地下壕のなかのものは無傷で残るようなものである。地表にあるのは可溶性タンパク、地下壕に隠されたのが膜タンパクと考えるとよい。

そして、構造決定だけでは中途半端なのである。

たまたま夕べ(6月3日)NHKの番組「ダーウィンが来た!」で面白いシーンを目にした。フクロウの一種であるが、擬態というのだろうか、敵がやってくると、コロッと狐のようになったりライオンのようになったり、ものの見事に変身するのである。タンパク分子の場合も同じようなことが考えられる。すなわち結晶の構造解析で明らかになった立体構造はあくまでも普段の姿、餌である基質が近づいたり、好きな相手、嫌な相手が近づくと立体構造を変えるのが普通である。薬の作用機構を理解するにはこのような動態解析が欠かせないが、「タンパク3000」でうたわれている『機能解析』はどの程度まで本格的に取り組まれたのだろうか。

今、目に見える限られた範囲では、「タンパク3000」の事業としての側面は容易に見えるが、科学研究の側面が見えにくい。見えにくいところをも見えるようにするためには、第三者による徹底的な事後検証というか、事後評価が行われるべきであると思う。578億円の出費の中には、今の今、その効果を期待できないものの、5年後10年後の大木を育てるようなものがあるのかも知れない。昔は良い意味で『ボス』がいたものである。自分の裁量で研究費をさらに将来有望なる若手研究者に投入する。支出名目はどうでもよい(なんて云うと、今どきの国会では大変なことになりそうであるが)、たとえ年間200万でも300万でも何年か投入し続ける、その様な使われ方が隠されていたりするとそれは面白い。

私は国家プロジェクトとでも云える大型プロジェクト自体は、科学研究そのものではあり得ないと思う。そもそも国家総動員のような科学者の集中化は、それこそレーダーの完成とか原爆をつくりあげるような明確な目標達成には有効であっても、そもそもが個人の営みである研究の促進とはまったく相容れないものである。国家プロジェクトそのものではなくて、そのおこぼれにこそ、研究を飛躍させる駆動力があるのだ。

最後を昔話で締めくくりたいと思う。



この写真は1975年の秋、琵琶湖湖畔の東洋紡の保養所で開かれた第一回谷口シンポジウムでの一齣である。国内外の若手研究者が20人ほど数日間寝食を共にして、お互いの研究を話し合い、将来の国際的研究交流の基礎を築くというのがその主旨であった。外国から招かれた一人が上に述べたK.Wuthrich博士で、そして話しかけているのが阪大基礎工学部に生物工学科を創設された小谷正雄先生である。このシンポジウムの実質的なオーガナイザーであった。周りの意見も聞かれたのであろうが、今回の「タンパク3000」の大きな推進力の源にもなったWuthrich博士の将来性を見抜かれた小谷先生の慧眼はさすがであると思う。日本からの参加者も、自ら第一級の業績を残すと共に優秀な後継者を育て上げた人が多い。もう30年も昔の話であるから、結果が出ているのである。そこで云えること、やはり研究は人なのである。その人を育てるメカニズムを国家的プロジェクトにも織り込ませる努力を、指導的研究者にぜひ心がけていただきたいものである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タンパク3000とPerutz博士 | トップ | 一弦琴「明石」のこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
過去から見たタンパク3000、横から見たタンパク3000 (5号館のつぶやき)
 中村桂子さんは、ちょっと前のことになりますが、自分も大型プロジェクトを推進する側の研究者だった方です。中村さんが朝日新聞に投稿した「私の視点」におけるタンパク3000への批判は、当然のことながら中村さんの経歴および今の立場に拘束された意見になっていた...
【更新しました】タンパク3000に対する中村桂子さんの記事に関連するエントリーまとめ (Science Communication Blog)
取り急ぎ,このあたりで一連のブログエントリーをいったんま とめておきます.ブログでの議論をトレースできていない方も おられると思うので. 【WEB2.0(っていうんですか?)ITベンチャーの社長のブログ】 今日の朝日新聞朝刊の中村桂子さんの「私の視点」について 補...
バイオねたのまとめと今後 (WEB2.0(っていうんですか?)ITベンチャーの社長のブログ)
中村桂子さんが朝日新聞に書いたオピニオンについて僕がちょっと補足したら、意外とインパクトがあって話が膨らんだので、関連記事が掲載されたブログを取り上げつつまとめを書いておこうと思う。 まず、僕が書いた一連の記事はこんな感じ。 今日の朝日新聞朝刊の中...