フジトレーニングセンターで教わりチャンプの指導を受けてボディビルダーになった(かな?)

2008年7月に東中野のジムで筋トレを始め、14年7月30日のジム閉鎖後移籍。17年6月にボディビル大会に初出場し優勝。

決勝フリーポーズからポーズダウン(表彰式)まで。

2017-06-27 18:31:19 | トレーニング
 参加者が多いので進行が段々遅れてきましたが、予選後の休憩時間が短縮され決勝はほぼ定刻に始まりました。フリーポーズの練習をする時間はたっぷりありましたが、時間を持て余しました。本をもって行こうかと迷って止めましたが何か持っていくべきでした。

 決勝フリーポーズは一人で舞台に上がるので緊張すると思っていましたが、客席はガラガラ。客席や審査員席の照明は落としてあるので緊張せずに済みました。(訂正:大変失礼しました。近眼で良く見えませんでしたが、実際は観客席は空席どころか立ち見がでるほどだったそうです。目が悪いため緊張せずにすみラッキーでした。)

 フリーポーズは多少失敗があっても流れを途切れさせず勢いを落とさないでやるつもりでしたが、途中で動作を忘れることもなく気持ち良く出来ました。

 決勝からさらに待つこと約二時間半。やっと最後の出番であるポーズダウン(表彰式)です。舞台の係の人は最後なので元気にいきましょう、と声を掛けていましたが、どうせ頑張っても順位は既に決まっている、という反応がマスターズらしかったかもしれません。

 僕は体があちこち攣りそうな状態が続いていたので、控え目にポーズを取り、どちらかと言えば人の陰に隠れていました。

 初めに11位から7位をまとめて発表。ここら辺りでは呼ばれないと思っていたので気にしていませんでしたが、残り少なくなるにつれ耳を澄ましていました。BGMが大音量なので、聞き逃すとみっともなくて。6位、5位、4位と発表が続きまだ呼ばれない。表彰台が確定しました。3位、2位と名前を呼ばれることはなく優勝が確定しました。

 表彰式では表彰状とメダルの授与。副賞のプロテイン等がトレイに飾られていました。授与の後は表彰台の上でポーズを取って記念撮影。どのポーズにするかは事前に決めていました。フロント・ラット・スプレッドかフロント・ダブル・バイセプスが多いのですが、ありきたりなのでパス。特にラットスプレッドは比較審査でも出来が悪かったのでやる気もなく、失敗が少ないサイド・トライセプスにしました。

 長かった一日もこれで終わりです。時刻は6時半を回っていました。
〈続く〉
『トレーニング・フィットネス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 比較審査 | トップ | 思わぬ事態 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トレーニング」カテゴリの最新記事