Lに捧げるちいさな図書館

≪ L ≫至上主義の図書館へようこそ。司書は趣味嗜好のまま、気の向くまま、あちこちへと流浪しますゆえー♪

20170726都若丸劇団於横浜三吉劇場夜の部≪信吾捕り物帳≫セトリご報告

2017-07-27 | 都若丸劇団

月末にむけて多忙中にもかかわらず、ダッシュで三吉劇場にむかうMIちゃん。
セトリ、ありがとうございます。


20170726都若丸劇団於横浜三吉劇場
     夜の部≪信吾捕り物帳≫セトリご報告


7月26日(水)三吉演芸場夜の部

ミニショー

まったく間に合わず‥
と言うより、今日はお芝居も観れませんでした。
‥月末、厳しい

知人に聞くと若ちゃんは『君が好き』だったそうです。
見れなかった‥


お芝居『信吾捕り物帳』


舞踊ショー(敬称略)
『淡き恋人』
(舞斗・京香・ひかる・晴香・蘭香)

剛 『酔歌』

若丸女形 『Yume日和』

ひでき 『もう一度抱きたい』

中舞踊 『夢芝居』

晴香 『Destiny』

星矢 『この愛はいらんかね』

組舞踊 『つんつん津軽』
(らいや・紗助・颯貴)

舞斗 『星月夜』

若丸立ち 『現世の子守歌』

ミックスジュースセンター舞斗
曲『恋のバンバン』

座員「音楽スタート」
お客さま「若ちゃんいろいろ大変ね」


あきら 『酔いぐれすずめ』

ラスト舞踊 『はじめてのチュウ~やってみよう』

アンコール 『三線の花』

************************************************************


平日にもかかわらず、アンコールがあった休み明けの三吉劇場。

しかもそのアンコールは≪ズンドコパラダイス≫や≪ホテルパシフィック≫ではなくて、

≪三線の花≫。

普段の若ちゃんなら、月末にむけて、「行くでーーー、ついて来てやーー!!!」とばかりに、

イベント、イベントで盛り上げてきて、

自分のからだのことなんか目もくれないで、ひたすらパッション爆発、

伝説の日を創りつづけるわけですが、

音楽は70分という縛りが、これほども手足の自由を奪うみたいな、状況を生み出すとは。

だからこそ、流れでやるんじゃない、今日の、この舞台の最後に、

お客さんに何をもってもらいたいか、を考えたアンコール。

たまにはしんみりと、若ちゃんをはじめ、ファミリーひとりひとりの姿を目にこころに

焼き付けて帰りたい夜もありますよね。

あと3日、その、迫りくる寂しさを一緒に受け止めるかのようなアンコール。


今月は音楽の時間の縛りの関係で≪泥棒道中≫も芝居で上演は無理と聞きました。

上演時間がずれ込むお芝居だし、音楽もたくさんかかるから、・・お客さんはあのお芝居が観れず、

悲しいだろうと思うけど、若ちゃんはくやしくて申し訳ない気持ちでいっぱいでしょうね。

だからこその、あの舞踊での気迫のすさまじさ!!!

そして、送ってもらった舞踊写真の、なんと美しいこと!!!


残り少なくはなりましたけど、

一瞬一瞬を都とお客さんで最高の舞台にしてほしいなあと思います!!!


MIちゃん、ありがとうございます。

寝落ちしてしまうほど、疲れているのに、セトリ、本当にありがとうございます!!!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月26日(水)のつぶやき | トップ | 7月27日(木)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。