Lに捧げるちいさな図書館

≪ L ≫至上主義の図書館へようこそ。司書は趣味嗜好のまま、気の向くまま、あちこちへと流浪しますゆえー♪

医師が本当に守るべきものとは… 2/12(日)『A LIFE ~ 愛しき人~ 』#5【TBS】

2017-02-12 | 松山ケンイチ



医師が本当に守るべきものとは…
      2/12(日)『A LIFE ~ 愛しき人~ 』#5【TBS】


(あらすじ)
深冬(竹内結子)が倒れ、病気の進行具合を目の前に突きつけられた沖田(木村拓哉)と壮大(浅野忠信)。
手術の方法が未だ見つけられない沖田を責め、それでも沖田を頼るしかない状況に壮大は苛立つ。

 一方、関東医師会の事故調査委員に選ばれた羽村(及川光博)は、調査対象に
心臓外科の権威である医師・山本(武田鉄矢)の名前があり驚く。
山本は羽村と壮大の学生時代の恩師で、羽村は山本の手術の腕に心酔していた。
そんな時、山本の患者が壇上記念病院を受診し、羽村に気を遣った井川(松山ケンイチ)は沖田に担当を頼む…。
(公式サイトより)



ドラマを本筋の展開にわくわくして観るのか、

主役をはじめとする出演者の演技を楽しみに観るのか、

どちらに主眼があるかと言いますと、

残念ながら、本筋の展開は1回飛ばしてもわかっちゃうかな、というもので、

われらが松山ケンイチさんの演技に注目する、の一点なのです。

自由ですからね、美味しいとこどりかもしれん(笑)

いいとこの跡取りぼんぼんという設定に、ややにやりとしてしまうようなこそばゆさがあるけど、

その設定のわりには、わがままじゃない、素直なよいこです(笑)

こんな医師いないでしょ、の範疇からはかろうじてはみでてるような、

いや、だからこそ、こんな医師いないでしょ、の自由さ加減が出てるのかもですけど^^

誰よりも色が白いので、現場で遊ぶ暇もない若き医師っぽいかもですね。

どっちやねん、すみません。


でも、たぶん、やっぱり、この役も松山さんが生きた魅力ある人物のひとり、として、

記憶に残るでしょうね。まだ続くのにすみませんが(笑)


ドラマの外で、木村さん、毎回、主役として視聴率が何パーセントあがったさがったと言われて、

ほんと、おかわいそうですけど、

設定が馬鹿げてるので、救えないなあ^^

離島の無医村ならいざ知らず、スーパードクターであっても、

専門外のことばかり必死になってるなんてねえ。


浅野さんも毎回ぶちぎれさせられて、たいへんだなあと思ったり^^



昨今は存じ上げないモブキャラさんたちが井川先生がどっちにつくの的憶測をおしゃべりしたり、

今回は武田鉄矢さんをゲストに迎えたりして、と、

ドラマに幅をもたせようとしてる、そのなんともはやのご努力を思いますけど、

とりあえず、

とりあえず、

松山さんを楽しみにしてるだけでいいかな。っていうね。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月11日(土)のつぶやき その2 | トップ | 20170209都若丸劇団於南あわ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。