Lに捧げるちいさな図書館

≪ L ≫至上主義の図書館へようこそ。司書は趣味嗜好のまま、気の向くまま、あちこちへと流浪しますゆえー♪

「鋼の錬金術師」最終回号完売 オークションで定価の6倍以上

2010-06-18 | 気になったへんてこりん


「鋼の錬金術師」最終回号完売 
  オークションで定価の6倍以上

 人気マンガ「鋼の錬金術師」の最終回が掲載された雑誌「月刊少年ガンガン」7月号
(540円)が完売していることが分かった。インターネットのオークションサイトでは、
約6倍の3000円以上の値段がついている。

 同誌を発行しているスクウェア・エニックスは人気作の最終回を迎えるのに合わせ、
前月の2割増の部数にして11日に発売したが、14日にはほぼ品切れで、現在は完売して
いるという。最終回では、ページ数が通常の倍となる110ページ以上で、作者のサインが
入った卓上時計「メモリアルクロック」が付いていた。

 「鋼の錬金術師」は、荒川弘さんが01年から同誌で連載を始めたマンガ。錬金術が科学
のように発達した世界で、禁じられた「人体錬成」に挑んで失敗し、体を奪われたエドと
アルの兄弟が、失った体を取り戻すために軍事国家の手先となり、「賢者の石」を探す旅に
出る……というストーリー。コミックスは1~25巻で4200万部を発行した。
03年にMBS・TBS系でアニメ化されて人気を博し、劇場版アニメも製作。
09年4月からは新シリーズのアニメが放送されており、7月4日の放送でアニメも
完結を迎える。                    (毎日新聞デジタル)


よく知らないのですが、ももに教えてもらったところによると、
「ハガレン」は、エドとアルの兄弟が、母親を生き返らせようと、
人体を構成している物質を買い求め、錬金術をおこなったところ、
エドは左足を喪い、アルは肉体を喪い、魂が鎧につなぎとめられた、
のだそうです。
さらに、エドはアルの魂を鎧につなぎとめるための練成によって、
右手も喪ってしまったのだとか。
最初の練成で、母親は生き返ったの(なわけないけど)と尋ねたら、
(もも)「人間とは呼べないものになってしまったし、母親だと思ってたんだけど、
練成されたのはほかのひとだったんだよね」
(樹)「人間とは呼べないものって?アメーバみたいな?」
(もも)「げっ、アメーバみたいなのとはちがって腕とかはでてたけど」
(樹)「わーー、で、どうしたん?」
(もも)「埋めた」
(樹)「せっかく一体分、買い求めたのに?」
(もも)「いや、そういう問題ちがうやろ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・
(もも)「だから興味あるんやったら、読めって」
(樹)「長いのはよしとく」
(もも)「デスノート読んだくせに」
(樹)「だって、あれは7巻までやから」
(もも)「おいおい」

1回だけ、映画も観に行ったんですよ。
小栗旬さんが声優で出てたんですよね。
声だけとはいえ、萌えました。
死んでしまうので、「わー死ぬなっ」とか思って。
でも、実はストーリー、じぇんじぇんわかりませんでした(笑)

ももが単行本揃えたら、そのうち読むかもしれないけど、
エドは可愛いけど、背がひくいんですよねーーって、
漫画の世界なので、問題はないんですが(笑)

オークションで6倍以上、という話をしたら、5秒くらい、
羨ましがっていましたが、
「ええわ、単行本で揃えるだけで」と、
平熱で話していました。ほんとに愛読してるのね^^


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “元ホームレス中学生”麒麟・... | トップ | もも、病気見舞いに行く。母... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (chiyo)
2010-06-18 09:05:38
こちらにもお邪魔します♪

ハガレン、ついに終わっちゃったんですね~~
ちょうど、私も昨日この記事をネットで読んで、
ウチの息子と、「最終回どうなったんだろうね~
メッチャ気になる~~」って
話していた所なんです。
はい、母子してハマってます(笑)
好き歴でいえば、松ファン歴よりも長いです。
ハマった当初は、腐サイトを渡り歩いてどっぷり浸ってましたが、
今はさすがに落ち着いて、コミックスだけを買い続けている感じです。
読み始めは、ちょっととっつき難い感じもしたんですけど、
ストーリーがしっかりしているので、一回ハマるとグイグイ引きこまれて読んじゃえます。
ひょっとしたら、樹さんにとっては、あの描画がお好みではナイかも・・・ですよね。
でもでも、ももちゃんが全巻揃えた暁には、是非一度お試しを^^v
ビックリ! (えまのん)
2010-06-19 00:55:36
L図書でハガレンの話ができるなんて(涙)

はじめの頃に単行本で知り、ずううっとひきづってきたので、完結は感無量でした。

でも 何やて。
ネットオークションで3000円?

アコギな事する奴はやだね。
私の遠い昔の学生の頃は、回し読みか貸本屋さんで何とかしましたけどね。

閑話休題。

ももちゃんに借りて、是非読んで見て欲しいな。
大丈夫よ。樹さん。今現在はほんの“25”巻だから。

好みの絵柄じゃ無いかもですが(汗)
chiyoさんへ ()
2010-06-19 01:33:08
こんばんは。

>はい、母子してハマってます(笑)
>好き歴でいえば、松ファン歴よりも長いです。

ええ、そうなんですか?
私、描画嫌いじゃないですよ。
エドが豆って言われたら怒るのは知っています、チビですよね(笑)
ももがよく言う、《等価交換》という言葉もかっこええなあと思っていました。
遊戯王のカードゲームとかでも《召喚》とかって、いいですよね(笑)

ももが聞いたら、きっとうらやましがると思います。

あ、腐女子的なの、一度だけ見たことがあります。
ロイ・ムスタング大佐でしたっけ、大尉でしたっけ?
絵になりましたわ(絵ですけど、はは)

>でもでも、ももちゃんが全巻揃えた暁には、是非一度お試しを^^v

しつこく読め、って言われると思います。で、読んで、はまったら、
うざがられるんです、Lたんとかバンプみたいにね(笑)

えまのんさんへ ()
2010-06-19 08:00:00
おはようございます。
えまのんさん、おひさっ。
おしゃべりできて、うれしおす♪

>L図書でハガレンの話ができるなんて(涙)

いや、嫌いではないですよ。哲学的だとは聞いているので、好きかもしれません。
私が描画で苦手なのは、「タッチ」とかですよ笑
時間があったら、銀魂とかNARUTOも読んでみたいんですが、
あ、それから戦国BASARAとかも(笑)
銀魂ってどういうの?NARUTOは?ワンピースは?
とかももに聞くので、「読め!」と一喝されまくりです(笑)

>私の遠い昔の学生の頃は、回し読みか貸本屋さんで何とかしましたけどね。

そうですよね。でも、まわりにハマってる友だちを見つけにくいのかな。
このごろは趣味が多様化していますもんね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。