Lに捧げるちいさな図書館

≪ L ≫至上主義の図書館へようこそ。司書は趣味嗜好のまま、気の向くまま、あちこちへと流浪しますゆえー♪

松山ケンイチ、吉高由里子の印象は「クセが強い」

2017-07-10 | 松山ケンイチ





松山ケンイチ、吉高由里子の印象は「クセが強い」


>沼田まほかるのベストセラー小説を映画化した『ユリゴコロ』(9月23日公開)のキックオフ会見が
7月9日に東京国際フォーラムで開催され、吉高由里子、松山ケンイチ、松坂桃李、佐津川愛美、
清野菜名、木村多江、熊澤尚人監督が登壇。
松山が吉高について「クセが強そうな女の子だと思った」と印象を明かした。

>松山は「ミステリーだけれど、なかなか見たことのないジャンル」と新鮮さとともに脚本に触れ、
「あまり自分がやったことのないもの。由里子ちゃんだし、熊澤監督だし、新しい発見や感覚が得られるんじゃないか。
いろんなところに連れて行ってくれるんじゃないかと思った」と共演者の吉高と熊澤監督の存在が一層、
興味を掻き立ててくれたと話す。

運命的な出会いを果たす間柄を演じた吉高と松山。
ネタバレ厳禁の内容となるため、「ダメだね」「何も言えないね」と苦笑しながら顔を見合わすなど、
仲の良い様子を見せたふたり。吉高は「もっとお芝居が見たいなと思う役者さん」と松山に絶大な信頼を寄せた。

松山は「由里子ちゃんと初めて会ったのは10年以上前」と述懐。「クセの強そうな女の子だなと思った」と
率直な思いを明かすと、吉高は「ポジティブに書いてくださいね」と報道陣に訴え、会場の笑いを誘った。

さらに松山は「テレビとか見ていても、クセの強い演技だなと思った」と続け、
「僕はそういう人が大好き」とニッコリ。
「変わったシーンが多かったよね。ふたりともずっとスッポンポンでね」と吉高の顔を見ると、
吉高も「スッポンポンでしたね」と同意。ハードな現場だったそうだが、
松山は「過酷なシーンもあったけれど、由里子ちゃんだったから一緒に乗り越えられた」と感謝していた。
                                            (ウォーカープラス)

記事全文はこちらから



吉高さんと言えば、2006年のヨコハマ映画祭で松山さんと一緒に新人賞を獲得されましたよね。

あの時、横浜映画祭を見に行かれた松フリさん(なつかしい響き。松山さん大手ファンサイトのブロガーさん)から、

パンフレットをいただき、吉高さんがとても大人びて見えたのを思い出します。

映画、観たことがなかったんですけど、「蛇にピアス」は衝撃でした。

井浦新さんと高良健吾さん、そして吉高さん、ほぼ3人で進行する物語。

スプリットタン(割れた舌)も衝撃なら、吉高さんの脱ぎっぷりのよさも衝撃だったなあ。

実に面白い映画だったんですが、監督はあの、蜷川幸雄さんだったんですね。

クレジットみなかったからさっき知りました(笑)

吉高さんの話を続けますけど、一見お嬢様にしか見えない彼女、この映画前に壮絶な経験されてました。


>女優としての転機となった出来事として2007年、映画『蛇にピアス』の撮影直前に起きた交通事故だと答えている。
このことについて吉高は「死も覚悟したその事故を通して、仕事が無くふてくされていた自分が、
いかに周りに助けられていたのかを知るきっかけになった」と振り返っている。
別のインタビューでも「あの頃の私は人間的にとんがっていたし、人に感謝することも知りませんでした。
お前は一度、痛い思いをしないと分からないと、ああいう事故の経験が与えられたんだと思います」と語っている。

役が決まるたびにもう数年後には女優を続けていないのではないかと思うほど、深く悩むと語っている。

2010年3月にCNNの「世界的に名前は知られていないが演技力のある日本の俳優7人」に選ばれている
                                       (wikipedia)

「花子とアン」では大河ドラマ「平清盛」で熱演した平重盛役の窪田正孝くんとの共演が話題になりました。

で、松山さんとも窪田くんを通じてつながってる・・・?の前に、

「GANTZ」での共演がありましたよね。

吉高さんは二宮和也さんと恋人同士でしたけど、あの映画は本当にこころに残る作品となりました。

あまりに強烈だったので、ちょっと貼りたい^^

Full Live Action Gantz movie Trailer


楽しかったなあ。

松山さんはこのとき、吉高さんを刺し殺すだけの共演^^

今回はじっくりと時間を共有できたようで。

松山さんって、≪女たらし≫でも≪男たらし≫でもある≪人たらし≫なんでしょうね。

共演者に感銘を受けさせ、また共演したいとか、仕事を一緒にしたいとか、想わせる。

相手に癖があろうと、松山さん自身が作品に一生懸命で、仕事仲間にも接するからなのだろうなあと思います。

そして、B型性格もあって(笑)、その時は一緒に仕事したりするひとに集中するから、

吉高さんとも密度の濃い、コンビネーションを発揮されたのではないかなと思うのであります。

松山さんが吉高さんをほめてますけど、嫌味じゃないのがいいです、ほめ殺してない(笑)

誠実だなあと思います、実にね。

今朝は薄幸のイメージ強い木村多江さんがスッキリで注目されてましたけど(笑)、

木村さんとの共演も楽しみ。(でも現在と過去にわかれるのかな?)

松坂くんもきのう、「ゆとりですがなにか」で、やっぱりいい役者っぷりを見せてくれたので楽しみです。

(あーーー、「ゆとりですがなにか」最高だった、関係ないけど:笑)

ミニオンはのほほんと観ますけど、息子に断れたので、朝イチ、こっそり見よう(笑)、

でもこの作品はじっくり観れるぞ~、という感じです。


公開が楽しみだし、公開までの宣伝のための露出も楽しみですねー!!!





ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20170709都若丸劇団於横浜三... | トップ | 7月10日(月)のつぶやき »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まろうさぎ)
2017-07-10 22:28:02
キックオフ会見って何?という疑問が頭の中をかけめぐっていますが、それは横においておいて。。。

そうか!佐藤Pに「GANTZのオファーを吉高さんにしたいけれど、コンタクトが取れない」と言われた松山さんが「わい、吉高さん知ってますから、声をかけます」と言ったエピソードの発端は、横浜映画祭でご一緒したことだったのか!(ちなみに、吉高さんは、松山さんのことを忘れていたとか 笑)

「GANTZ」では、黒加藤がめった刺しにしてましたね~。その前の「カイジ」でも一応共演ではありますが、同じシーンにはいなかったですし。
今回、がっつりと演技が出来て、お二人の相性がどんな感じだったのか、早く完成した映画を見たいものです。
そして、松山さんは、相手の方を本気で褒めまくるんですが、それがまた独特の褒め方で、面白いですよね。(松山さんって、今まで共演した方の中で、苦手な人はいるのかなぁ。いつでも相手を尊敬している感じがします)

今回は、皆さんモノトーンの衣装指定があったのかな。シックで落ち着いていて、素敵です。吉高さんのオフショルワンピース、いいなぁ。似合ってます♪

9月は、ついつい「髑髏城」の方に気を取られてしまいそうですが、「ユリゴコロ」も忘れずに見に行きます!

Unknown (ychan)
2017-07-11 22:31:51
樹さん、こんばんは。

松山さんが素敵すぎる~!やっぱり前髪を下ろしたスタイルの方がいいですねぇ・・す、すみません、あまりにツボだったものでついはしゃいでしまいました(笑)

吉高さんとのガチ共演で、物語がどんな風になっているのか、公開を楽しみに待ちたいです。
映画の宣伝で松山さんがいろんな番組に出てくれたらもっとうれしいですが^^

GANTZの映像、懐かしいです。
松山さんの映画だからと、劇場に足を運んだのですが、綾野剛さんがあまりに不気味で怖くて、夢に出てきたという、わたしにとってある意味、忘れられない作品です(笑)←本題と関係なくてすみません<(_ _)>
まろうさぎさんへ ()
2017-07-19 09:13:27
まろうさぎさん、
おはようございます。

そうなんですよ(いきなり)
松山さんはヨコハマ映画祭のときのことをよく覚えていたようですけど、
吉高さんにはバッサリ切られてましたね(笑)
あのとき、吉高さんの写真が載ってるパンフレット見たんですけど、
年齢にくらべて、ずいぶん大人びてるお嬢様って感じだなあと思ってたんです。
でもめっちゃ自由人だった(蛇にピアス^^)
あの1本見ただけでどういう女優さんかわかる気がしました(笑)
いろんな役を生きるという意味においては、松山さんと共通点があるかもしれないですね。
みんながどういう役を演じてほしいという期待とは無縁で?
自分のやりたいものをしっかり持っていそうな感じ。
摩擦なく穏便にすます、てタイプとは思えないので、
松山さんも共演して、得るものも多かったのではないかなあと思います。

>松山さんは、相手の方を本気で褒めまくるんですが、それがまた独特の褒め方で、面白いですよね

そのとき、一緒に濃密に仕事しているひと以外見えなくなりますよね(笑)
お相手もその集中力、ほめる言葉にたじたじかな?
多くの方がまた一緒にお仕事したいと言ってくださるのって、
ファン冥利につきますね!!!

「髑髏城」レポ、期待してます。よろしくお願いします。
もちろん、「ユリゴコロ」の感想もあれこれ、おしゃべりしたいです!
ychanへ ()
2017-07-19 09:22:23
ychan、
おはようございます。
お返事おそくなってすみません。

>松山さんが素敵すぎる~!やっぱり前髪を下ろしたスタイルの方がいいですねぇ・・

ほんとにそうですよね。
「ノルウェイの森」から年をとってない気がする^^
でも見比べたら落ち着きがでてきたのかなあ(笑)

きのう、「世界丸見え仰天クイズ」に松山さんが出てきたじゃないですか?
息子が、さすが、ちゃんとチェックしてるな!と言ったんですが、
偶然でした(笑)
松山さんが子どもさんをベビーカーに乗せて、渋谷区内で大きな蛇に遭遇したこと言ってましたが、
子どもさんのことを言ってても、めっちゃ自然体で、素敵だなあと思いました。
プライベートを話題に使ってる、とか、松山さんに限っては書かれませんね(笑)
仕事もオフも同じ熱量で、彼の一生懸命が伝わる気がします。
蛇見たとき、松山さんがどんなリアクションしたのか知りたかったですけど(笑)
中居さんと鶴瓶さんと一緒だとホームな雰囲気でうれしかったです。
こっちこそ関係ない話してすみません、てへ。

たしかに綾野さん、怖かったですね。
このひと、映画を乗っ取ってしまうくらいの気迫と存在感がありますからね。
妻夫木さんとみたいなのはいいけど(笑)、がっつり対決する役を観てみたいなあ。
また、悪夢観ちゃいますかね???

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。