知っ得法律コラム

最近気になった法律相談や裁判など、知ってると得する法律に関する情報を紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NHKの放送契約

2017年12月14日 | お知らせ

NHKの放送契約に関する最高裁の判決を紹介します。

多数意見は14人の裁判官の賛成ですが、契約の成立を否定した木内道祥裁判官の反対意見があります。但し、木内裁判官は、契約の成立は否定していますが、不法行為または不当利得が成立すると、述べています。

http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参議院選挙定数違憲訴訟

2017年10月06日 | お知らせ

最高裁判所の判決を紹介します。

二院制は、人類の英知の結晶であり、一院制には反対ですが、

参議院のあり方、とりわけ各県に一議席を基本とする現在の選挙制度については抜本的な改革が必要だと思います。

合区を解消するという提案は、1票の平等に反するものであり、憲法の趣旨から大きく外れるものです。

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/094/087094_hanrei.pdf

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火葬について

2017年07月20日 | お知らせ
最近、お昼のドラマ「やすらぎの郷」に、はまっています。
その時間帯は仕事なので、録画して見ています。

先日は、こんなお話であった。

病気の妻を献身的に看取って、通夜を終え、告別式の日の朝、安らかに息を引き取る夫。
その後、2人の告別式を昔の仲間が一緒に行い、2台の霊柩車が、「やすらぎの郷」を後にする。

さて、その時、気になったのが、火葬を行う時間です。
「墓地、埋葬等に関する法律」3条によれば、「死亡後24時間を経過した後でなければ」火葬をしてはいけないことになっています。
告別式は、妻の分だけ行い、夫の告別式は、翌日にしなければいけないのではと思いました。

ドラマとしては、2人の告別式を同時に行った方が感動的なのですが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

架空請求

2017年06月30日 | お知らせ
先日、私の携帯に架空請求のメールが入りました。
有料動画の未払いの使用料金を請求するもので、連絡先の電話番号が書いてありました。

一瞬、「有料サイトに繋がってしまったことがあったのかな」と不安になりましたが、
どう思い返しても、私の携帯は、
通話と、メールと、目覚ましくらいしか使っておらず、
ネットに繋ぐのは、天気予報くらい。
全く、身に覚えがありません。
そう、思い直して、少し、安心し、
架空請求と、確信できました。

「架空請求だから心配する必要はありません」と、相談者には話すのですが、
自分にそのようなメールが届くと、やはり、不安になるものです。
相談に来られる方の気持ちが、ほんの少し分かったような気がしました。

理屈では分かっていても、架空請求は、不愉快なものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嫌煙権

2017年06月28日 | お知らせ
先日のお昼に、ファミリーレストランに入りました。
店員から、喫煙席か、禁煙席かと聞かれたので、禁煙席を選びました。

喫煙席を見ると、隅の方にあり、テーブルが5つ~つ6あったが、人は1人だけでした。
その1人も、食事が済むと、いなくなり、私が帰るころは、喫煙席には1人もいませんでした。

最近、私がランチする店の多くが、禁煙ですし、分煙のお店も、喫煙席の方はほとんど客がいないように思います。
分煙にするとか、喫煙席を設けることに意味があるのかと感じることが多いです。

また、客は喫煙、禁煙を選べますが、そこで働く人は、喫煙席、禁煙席を選べません。
飲食店の喫煙・禁煙問題は、労働者の働く環境の問題でもあるのです。
速やかな、飲食店の完全禁煙化の法律が、必要だと思います。

なお、当事務所は、2002年より完全禁煙です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パワーハラスメント

2017年06月26日 | お知らせ
厚労省によれば、パワーハラスメントは、6類型に分類されています。

① 身体的な攻撃  暴行・傷害
② 精神的な攻撃  脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言
③ 人間関係からの切り離し  隔離・仲間外し・無視
④ 過大な要求   業務上明らかに不要なことや遂行不能なことの強制、仕事の妨害
⑤ 過小な要求   業務上の合理性がなく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと
⑥ 個の侵害    私的なことに過度に立ち入ること

つい最近、Z党に離党届を出したT議員の場合は、頭や顔を数回殴って怪我をさせたというのは①に該当しますし、「はげ」「死ね」は②に該当します。
国会議員としての、資質にもかかわる問題だと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共謀罪法案国会上程に反対する会長声明

2017年03月31日 | お知らせ

共謀罪国会提出に関し、愛知県弁護士会会長声明を出しましたので、紹介します。

https://www.aiben.jp/about/katsudou/himitsuhozen/news/2017/03/post.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GPS捜査

2017年03月25日 | お知らせ

GPS捜査について、裁判所の令状を取らずに行うことを違法とした最高裁判決を紹介します。

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/600/086600_hanrei.pdf

至極、もっともな判決だと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン

2017年02月01日 | お知らせ

労働時間に関する厚労省の、新しい通達を紹介します。

長時間労働の問題や、残業時間の割り増し賃金などの問題を考えるにあたって、参考になる通達です。

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/151106-04.pdf

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2017年01月04日 | お知らせ
今日という日は、これからの自分の人生において、一番若い日です。
今日という日を大切にすることを、今年の目標にしたいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

類焼した場合の失火責任

2016年12月26日 | お知らせ
故意や過失(不注意)により他人に損害を与えた場合には、他人に対し損害賠償の義務を負うことになります(民法709条)。
運転操作を間違えて、他人に怪我をさせたり、他人の車に傷つけた場合などが、典型的です。

しかし、火事の場合は、例外です。

明治時代にできた「失火責任に関する法律」により、
単なる失火の場合は、類焼した他人の家屋の損害賠償責任を負わなくてもことになっています。
日本の家屋の多くが、木や紙でできているため類焼しやすく、フェーン現象のような気象条件などと相まって、被害が膨大になるおそれがあるのが、その理由とされています。

自分の家を守るため、火災保険に加入するのは、そういった事情もあるのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ストーカー行為規制法の研修会

2016年12月12日 | お知らせ
ストーカー行為規制法の研修会に参加しました。
110番緊急通報登録、警告・禁止命令発出の証明書交付など、是非使ってみたいと考えました。

12月6日に成立した改正法の中身についても、紹介があり、大変有意義な研修でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いわゆる「カジノ」解禁推進法案について

2016年12月07日 | お知らせ

日本弁護士連合会の会長声明を紹介します。

http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2016/161130.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賭博について

2016年12月07日 | お知らせ

カジノ法案が衆議院本会議で、自民党と日本維新の会などの賛成で可決されました。

そこで、賭博罪に関する、最高裁判所の判決を紹介します。ここに、書かれていること「国民をして怠惰浪費の弊風を生ぜしめ、健康で文化的な社会の基礎を成す勤労の美風を害する」「甚だしきは暴行、脅迫、殺傷、強窃盗その他の副次的犯罪を誘発し」などは、現在も当てはまると思います。

破産、サラ金などの相談者には、パチンコ、競艇などのギャンブルがきっかけとなった人も少なくありません。これ以上ギャンブルがはびこることになったら、とても心配です。

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/521/054521_hanrei.pdf

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第1回可視化実践経験交流会

2016年11月28日 | お知らせ
11月26日は、第1回可視化実践交流会に参加しました。

身柄を拘束された被疑者など(裁判員裁判対象事件など)の取り調べ状況が録画されるようになりつつありますが、
そのDVDなどを、弁護人として、どのように活用したら良いのか、
検察官が証拠請求してきた場合に、どのように対応したら良いのか、
などについて、経験を交流しました。

若い弁護士の実践報告を聞き、今後の弁護の参考にしたいと感じました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加