弁護士湯原伸一(大阪弁護士会)の右往左往日記

弁護士になって感じたことを綴っていきます(注意!!本ブログは弁護士湯原の個人的見解に過ぎません)

和訳契約書はムズカシイ…

2017年04月25日 | 法律情報
経済のグローバル化が言われて久しいですが、当方のクライアント様においても


徐々に日本国外との取引が増えてきています。




残念ながら私の実力不足のため、英文契約書をそのままリーガルチェックすることができないため、


和訳した契約書にてチェックを行うのですが、この”和訳”が非常に曲者です。


日本語して成立していない文章も見かけますが、どう考えてもこの単語を置くのは


おかしいという内容もちらほら見かけます。



私は、大学院(※法科大学院ではありません!)への入試の際、英語の受験科目があったことから、


法律英語を少しだけかじったことがあるためか、和文契約書を読んでて


「おそらく誤訳だろうな…」


という直感が働いたりします。


そして、原典の契約書と和訳の契約書とを比較対照すると、やっぱり誤訳というものを発見したりします。

(入試の際に読んだ英文契約書のテキストで私自身も多々誤訳していましたので…)




和訳契約書は、字面だけを追ってチェックするわけにはいかないことから、


3倍くらい時間と労力がかかってしまうのですが、今さらながら、もっと英語を真面目に勉強しておけば


よかったと後悔の日々です。。。







◆弁護士湯原伸一(リーガルブレスD法律事務所)の総合サイトはこちら◆

◆IT企業・インターネットビジネスの法律相談のページはこちら◆

◆企業のための労働問題・労務問題の法律相談のページはこちら◆








=========================================================================================================================================

◆Amazon「ビジネス法入門」カテゴリーで最高1位!
『情報管理に強くなる法務戦略』好評発売中






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 掛け声倒れで終わるのでは? | トップ | 思い込みはコワイ »
最近の画像もっと見る

法律情報」カテゴリの最新記事